このページの本文へ

au MVNOの「mineo」が京セラ端末追加 2月からは各プラン値下げ

2014年12月18日 17時00分更新

文● オカモト/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

京セラ「LUCE」

 ケイ・オプティコムは、au「4G LTE」をMVNOで提供する格安モバイルサービス「mineo」に京セラ製端末を追加。また料金についても来年2月から値下げすることを発表した。

 まず新端末はLTE対応の京セラ「LUCE」。4.5型qHD液晶(540×960ドット)搭載で、CPUはSnapdragon 400(1.2GHz、クアッドコア)というミドルレンジモデル。メインメモリーは1.5GB、内蔵ストレージは8GB。防水・防塵対応のほか、MIL規格準拠による耐衝撃テストもクリアしている。

 申込開始は12月24日から。ミドルレンジクラスなので端末価格も抑えめで、一括購入時は3万6288円、24回の割賦購入時は1512円となっている。

 つづいて、2月からスタート予定の新料金。現在mineoは、1月末までの予定で「1GBパケットギフトキャンペーン」を展開しており、実質的に月2GBの高速通信が1058円で利用できる。

現在はキャンペーンで1GBのプランで実質的に月2GBの高速通信が利用できるが、2月以降は1GBのプランを残して値下げ。上位のプランも同様に値下げする

 2月からの新料金もこれを反映したものとなり、月1GBのプランが月918円、月2GBプランが1058円、月4GBのプランが月1706円となる。プラン変更は月単位で可能なので、mineoユーザーは1月末にどのプランを選ぶか検討するといいだろう。

(税込) シングルタイプ(データ通信のみ) デュアルタイプ(音声通話付き)
1GB 2GB 4GB 1GB 2GB 4GB
通信網 au 4G LTE
高速通信通信量 月1GB 月2GB 月4GB 月1GB 月2GB 月4GB
制限時通信速度 200kbps
月額料金 918円 1058円 1706円 1576円 1717円 2365円
初期費用 3240円
SIMサイズ microSIM、nanoSIM
制限解除 162円/100MB
SMS ○(標準)
最低利用期間 1年(1年以内の解約は1万260円)

 また、現在は直近3日間で500MBを超えた場合に通信速度が制限される場合があるとされていたものが来年2月1日から撤廃になるほか、高速通信をオン/オフして通信量を節約できる「ターボ機能」を来春提供予定としている。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン