このページの本文へ

最も利用した通販チャネル、「地上波テレビ通販」が3.7%増

文●通販通信

2014年12月17日 09時53分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

エルテックスの通信販売に関する【消費者調査】2014-通販経験チャネル複数回答 ECサイトや通販システムの開発・構築を展開する(株)エルテックスが17日発表した調査レポート「通信販売に関する消費者調査2014」で、14年で最も利用した通販チャネルはAmazonや楽天などの「大規模インターネットモール」(46.1%)、2位は「通販カタログ」(19.3%)、3位は「テレビ(地上波)の通販番組」(19.2%)となった。

 同調査は「infoQ by GMO調査パネル」を利用したアンケート調査で、サンプル数は600。

 
 利用経験がある通販チャネルについての質問(複数回答)では、トップが「大規模インターネットモール」(63.8%)、2位が「通販カタログ」(35.2%)、3位が「テレビ(地上波)の通販番組」(35%)だった。テレビ(地上波)通販以外は、前年の調査より数値が減少した。特に減少幅が大きかったのが、「新聞の通販広告」(13.2%)で9.9%減。また、通販カタログは6.3%減、大規模インターネットモールは5.3%減だった。BS・CSなどのテレビ通販は、2.2%減となる2.7%だった。

 一方、最も利用する通販チャネルについての質問(単一回答)では、トップが「大規模インターネットモール」(46.1%)、2位は「通販カタログ」(19.3%)、3位は「テレビ(地上波)の通販番組」(19.2%)となった。カタログ通販は減少したものの、ネットモールは0.6%増、テレビ通販(地上波)は3.7%増と、前回数値を上回った。この結果から、同レポートでは「消費者の通販に対する集中と選択が進んでいる可能性がある」とした。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く