このページの本文へ

年末恒例! ASCII編集者のお買い物を振り返る 第4回

2014年 ASCII.jp編集部員のお買い物を振り返る

2014年12月29日 15時00分更新

文● ASCII.jp編集部一同

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ヘッドフォンなどのAV機器も人気だった

ムラヤマ:ソニー ウォークマン NW-M505 満足度:★★★★★

「巷ではハイレゾ対応機器が人気のようですが、私は何より手軽さを重視したいので、ノイズキャンセリング機能搭載ウォークマン専用ネックストラップヘッドホン「MDR-NWN33S」と組み合わせて、風呂と就寝時以外は首から下げて生活しています。もはや身体の一部といっても過言ではありません。この人機一体感は名機iriver S10にも匹敵するのでは。」

■Amazon.co.jpで購入


ヤヒロ:JBL SYNCHROS REFLECT BT 満足度:★★★

「Bluetooth対応のスポーツイヤフォン。スポーツ用のスタビライザー付きで運動しても耳から外れにくいのと音質の良さが特徴です。しかし、iPhoneに接続して音楽を聞いていると、たまに途切れ途切れになることがしばしば。また、使い方が悪かったのかもしれないですが、結構早く断線してしまい、片方から音が聞こえなくなりました。スポーツ用であればもう少し頑丈に作ってほしかった……」

JBL SYNCHROS REFLECT BT

■Amazon.co.jpで購入


ナカムラ:エレコム BT-HPC11AV 満足度:★★★

「煩わしいケーブルから開放されるとこんなに快適になるとは! Bluetoothイヤホンは音質が劣ると言われていますが、電車内など移動中に使用するなら気にならないレベル。充電がもう少し持つといいな」

■Amazon.co.jpで購入


イイジマ:JayBird BlueBuds X Bluetooth 満足度:★★★★★

「ごっついスマホケースを買って、イヤフォンケーブルにお気に入りのが差さらない! と昨年は延長ケーブルを買ってしのいでいましたが、JayBird BlueBuds XはBluetooth仕様で、音質に不満なし、装着感もばっちり」

■Amazon.co.jpで購入


 今年、編集部で一番オーディオ機器を購入したのは、なんとフィアット小林。まとめて紹介する。上からヘッドフォン、アンプ内蔵USB DAC、AVアンプ、スピーカー、ハイレゾ対応プレイヤー。

シュア SRH1540 満足度:★★★★
ソニー UDA-1 満足度:★★★★
パイオニア SC-LX77 満足度:★★★★
ELAC BS301.2、BS301.2 XL 満足度:★★★★★
Astell&Kern AK240 満足度:★★★★

「SRH1540は密閉なのに、空間表現が自然でこもりなく広いサウンドステージが魅力。低域の量感があり、モニター調の高い情報量が印象的。UDA-1は一体型でハイレゾ対応。5.6MHzのDSDまで聴けて使いやすいし高い質感。

 SC-LX77は久しぶりのAVアンプ。オーディオ専門店の展示機を格安で購入できた。そして、ガルパンの「センシャラウンド改」を体験。SACDマルチなど音楽用にも十分な性能で、音場補正の効果が大。でもバグなのかまれに固まる。BS301.2 XLとBS301.2は、超小型でこんなに音のいいスピーカーがあるんだと驚き。現実的にはサブウーファー必須だが、マジでオススメの逸品。

 AK240はいわずもがなの高級ポータブル機なのにあまり持ち運ばず、自宅のシステムにつないでDSDとか聞いている。AndroidベースのUIのレスポンスがサクサクだったら、評価が一個上がる」

ELAC BS301.2

■Amazon.co.jpで購入


■Amazon.co.jpで購入


■Amazon.co.jpで購入


■Amazon.co.jpで購入


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン