このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

オンイヤー型としてはほとんど完璧

2台同時接続が便利! 軽さ153gのボーズBTヘッドフォン

2014年12月15日 12時00分更新

文● 四本淑三、写真●篠原孝志(パシャ)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

小型のBluetoothヘッドフォンとは思えない音質

 最後に音質について。先に述べたとおり、Bluetoothオーディオは、伝送時に音声を変換するため、その際に音声の劣化も起きます。だから「どうせこの程度だろう」という割り切りのもとに、Bluetooth接続のヘッドフォンは、素の性能自体も大したことがなかったりするわけですが、そこは全く手抜きがありません。

 特にオンイヤー型の場合は200Hz前後の音圧だけが高く、ほかの成分がマスキングされてしまって、バランス的に良くないものも多いのですが、このヘッドフォンの場合、そうした傾向は感じられませんでした。

 また、軽さ、コンパクトさは、それよりもっと低い可聴限界付近の低域の出方とトレードオフだったりするのですが、ボーズお得意の TriPortテクノロジーとアクティブイコライザーで、そうしたごく低い帯域をブーストし、また高域も補正して、広帯域感を得ています。

 ただ、付属のスペアオーディオケーブルでつないだときは、そうした電気的補正はかからず、パッシブ型の普通のヘッドフォンになります。補正のない状態では、高域側が落ちて、かなりあっさりとした感じの音なってしまいますが、解像感は十分にあるので、これはこれで使える音だろうと思います。

気になるのは右チャンネルのノイズと価格のみ

 ほとんど完璧に近いヘッドフォンですが、唯一残念なのが、ノイズです。Bluetooth接続でもスタンバイ状態では無音ですが、音声ストリームが入ると若干のホワイトノイズが乗ります。これはBluetoothのオーディオデバイスならどれでも起きる現象で、むしろこのヘッドフォンの場合、そのノイズはかなり低いと言えます。

 しかし、右チャンネルのみに、常に「ジー」というノイズが聞こえます。これは、ほかのノイズが低いことと、ヘッドフォン自体の音質が良いことから、ちょっと目立ちます。一度、音楽が鳴り始めてしまえば気にならないのですが。

 もうひとつ、価格が若干高いことです。直販で2万7000円という価格は、もうちょっとならないかなと思うのですが、オンイヤー型の利点を活かしたBluetoothヘッドフォンで、ここまで高性能なものはないので、仕方ないかもしれません。


■Amazon.co.jpで購入


著者紹介――四本 淑三(よつもと としみ)

 1963年生れ。フリーライター。武蔵野美術大学デザイン情報学科特別講師。新しい音楽は新しい技術が連れてくるという信条のもと、テクノロジーと音楽の関係をフォロー。趣味は自転車とウクレレとエスプレッソ

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画