このページの本文へ

モトローラ製の高級腕時計みたいなスマートウォッチ「Moto 360」

2014年12月12日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Android Wear搭載のMotorola製スマートウォッチ「Moto 360」にメタルバンドモデルが登場。Jan-gle秋葉原本店と同3号店にて販売が始まっている。

数あるスマートウォッチの中でも最も腕時計らしい、Motorolaの「Moto 360」に新バリエーション登場。レザーバンドに続き、メタルバンド仕様の直輸入モデルが入荷した

 Motorolaが“Classic Design”と称する、ラウンドシェイプの腕時計型ガジェットの新モデル。10月に入荷したレザーバンドモデルに続くバリエーションで、ピン止め式のメタルバンドを採用している。バンド幅は23mmで、その外観と相まって紳士用の腕時計さながらの雰囲気で使用できる。

 Googleのウェアラブル端末向けOS Android Wearを搭載、Android 4.3以降のスマートフォンと連携可能。1.56型(320×290ドット)の円形ディスプレーを備え、タッチ操作やボイスコントロールで操作する。

オールメタル仕様になり、さらに高級感がアップ。なお、同店では「Moto 360に互換性がある」(ショップ)というブラックのバンドも入荷していた

 基本仕様はレザーバンドモデルと同様で、プロセッサーがTI OMAP 3、メモリー512MB、ストレージ4GBなど。Bluetooth 4.0 Low Energyで接続、歩数計と光学式心拍数センサー、振動計を内蔵する。また、ボディーはIP67準拠の防水に対応している。

 Jan-gle各店にて4万9800円(税抜)で販売中。なお、同店ではレザーバンドモデルも再入荷しており、こちらは4万2800円(税抜)で販売されている。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン