このページの本文へ

iPad mini Retinaと互角の液晶を搭載した2.6万円のWindowsタブ

2014年12月11日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Ratina級の高解像度ディスプレーを搭載したWindowsタブレット「X89」が東映無線ラジオデパート店で販売中。中国Teclastの製品で、価格はOffice込みで2万5980円とお手頃だ。

片手持ちも楽ちんな、iPad miniと同サイズの中華Windowsタブレットが発売。ディスプレー解像度はRatina級の2048×1536ドットだ

 Office付きの環境が格安で手に入る、格安中華Windowsタブレットの新モデル。今回のモデルはiPad miniシリーズと同じ7.9型サイズで、解像度もRatinaディスプレー級となる2048×1536ドットのIPS液晶を搭載している。プロセッサも最大2.16GHz動作に対応するハイクロック仕様のIntel Atom Z3736F(4コア)を採用、パフォーマンスにも期待が持てそうだ。

 なお、OSは中文版(マルチランゲージ版)のWindows 8.1 with Bingを搭載するため、日本語環境で使用するにはユーザーが言語変更を行なう必要がある。付属のOffice 365 Personal(海外ライセンス品)も登録・ダウンロード作業が必要(いずれもショップ保証の対象外)なため、上級者向けのモデルであることは覚えておこう。

解像度だけでなく、スペックもなかなかに優秀。この手のモデルでは一際高クロックな2.16GHz動作のクアッドコアCPUを搭載している

デザインもどことなくiPad mini似な気がする。フロントとリアの両方にカメラを実装、microSDスロットや操作ボタンはサイドに搭載している

 その他のスペックは、メモリー2GB、ストレージ32GB(microSD対応)、カメラがフロント200万画素/リア500万画素など。ネットワーク機能はBluetooth 4.0、無線LANに対応する。バッテリー容量は5000mAh。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン