このページの本文へ

15年に「暮らし向きが良くなる」は10%~ユーキャン調査

文●通販通信

2014年12月10日 03時11分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image (株)ユーキャンが9日発表した意識調査「20代-40代男女が選ぶ、2014年の出来事&2015年予測ランキング」で、2015年は「暮らし向きが良くなる」と回答した人は10%で、「悪くなる」との回答が40.9%だった。

 
 同調査は20~40代の男女997人を対象としたインターネット調査で、実施期間は10月31日~11月1日。

 同調査によると、14年の印象に残った出来事の1位は「消費税が8%にアップ」(80.2%)、2位は「STAP細胞騒動」(63.1%)、3位は「御嶽山噴火」(62%)だった。15年に話題になりそうなことは、文化・科学技術面で「エボラ出血熱の流行」、政治・経済面では「消費税10%引き上げ」が1位となった。

 15年に予定されている出来事を踏まえた家計の変化についての質問では、15年は「支出が増える」と答えた人は約半数、「より節約に励む予定だ」と答えた人は6割だった。「暮らし向き」についての質問では、「悪くなる」と答えた人は40.9%で、「良くなる」と答えた人はわずか10.2%だった。15年に取っておくと武器になりそうな資格と、実際に取ってみたいと思う資格の両方で「ファイナンシャルプランナー(FP)」が1位。円安傾向、物価上昇などを受け、資産設計に関連した資格がトップとなった。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く