このページの本文へ

ソフトバンクからGALAXY! GALAXY Tab4を19日に発売

2014年12月08日 17時15分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソフトバンクモバイルは、個人向けとしては初となるAndroidタブレット「GALAXY Tab4」を12月19日に発売する。

 GALAXY Tab4はサムスン電子製の7型タブレットでミドルレンジクラスの製品である。ディスプレーは7型液晶で、画面解像度は800×1280ドット。CPUはクアッドコアのSnapdragon 400(MSM8926) 1.2GHz、メインメモリーは1.5GB、内蔵ストレージは8GB。カメラはメインが300万画素、インが130万画素。本体サイズは約108×187×9.2mm、重量は約278g。

 対応ネットワークはFD-LTEが2.1GHz/1.7GHz/900MHz、W-CDMAが2.1GHz/900MHz。OSがAndroid 4.4.2。カラバリはホワイトとブラックの2色。

カラバリは2色。ソフトバンクはXperia Z3に続いて、GALAXYブランドの端末もリリース

 GALAXY Tab4の発売に合わせて、ソフトバンクのスマホや携帯電話とセットで利用した際の割引「タブレットセット割」が新内容となる。

 具体的には新プラン「スマ放題」で契約したスマートフォン(iPhone/Android)とGALAXY Tab4をセットで利用すると、データ定額が5GBの「標準」の場合は月2160円、10GB以上の「大容量」に加入した場合は月2700円が1年目に割引される(2年目/3年目は月1080円割引)。

 スマ放題でタブレットを契約し、スマホとデータ量をシェアした場合は、基本使用料が月1836円、ウェブ接続料が月324円、データ定額は月540円で、合計月2700円となので、データ定額に「大容量」を利用した場合は、タブレットの利用料が最大1年間、実質無料になるとしている。ただし、GALAXY Tab4の子回線側は3年契約が前提の専用プランへの加入が前提である。

 なお、親回線が旧プランの「ホワイトプラン」加入時もキャンペーンが適用されるが、その内容については12月19日以降に発表するとしている。

「GALAXY Tab4」の主なスペック
メーカー サムスン電子
ディスプレー 7型液晶
画面解像度 800×1280ドット
サイズ 約108×187×9.2mm
重量 約278g
CPU Snapdragon 400(MSM8926)
1.5GHz(クアッドコア)
内蔵メモリー 1.5GB
内蔵ストレージ 8GB
外部メモリー microSDXC(最大64GB)
OS Android 4.4.2
対応周波数 W-CDMA(900MHz/2.1GHz)、FD-LTE(900MHz/1.7GHz/2.1GHz)
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n
(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:約300万画素CMOS/イン:約130万画素CMOS
バッテリー容量 4000mAh(交換不可)
連続待受時間(3G/LTE) 約930時間/約860時間
カラバリ ホワイト、ブラック
発売時期 12月19日

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン