このページの本文へ

開催期間は12月7日まで

ダチョウ倶楽部が逆バンジー! スカイツリーでLaVie Zの軽さを体験

2014年12月06日 13時49分更新

文● 西牧裕太/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NECパーソナルコンピュータは12月6日から、日本初上陸の逆バンジージャンプマシンを使ったイベント「LaVie CHALLENGE!!」を、東京スカイツリーで開催。期間は12月7日の19時まで。

 LaVie CHALLENGE!! は、同社が11月下旬から展開している「LaVie CHALLENGE キャンペーン」の一環として実施する、ユーザー体験型のイベント。13.3型のノートPCとしては世界最軽量を誇る「Lavie Z」の軽さを、直感的に理解してもらうのが狙いだ。

 イベントは巨大な天秤のはかりに乗った「LaVie Z LZ750/TS」の逆側にボールや置物など、2つの物を乗せ、重さを測るというもの。天秤が均等になったらLaVie Z LZ750/TSを1台ユーザーにプレゼント。しかし、つり合わなかったら逆バンジーマシンが作動する。

 LaVie CHALLENGE!!は18歳以上56歳未満で健康な人であれば参加できる。ただ、飲酒していたりハーネスのサイズが合わない人は参加できないので、詳しくはウェブサイト、もしくはイベント会場にいるスタッフに問い合わせてほしい

LaVie CHALLENGE キャンペーンはウェブやテレビCMでも展開しており、女優の武井咲さんも逆バンジーに挑戦している。

 開催にあたり、同社取締役執行役員常務の留目 真伸氏は「日本の技術の結晶であるLavie Zの軽さを体験していただきたい」と語った。

 また、開会セレモニーにはダチョウ倶楽部も出演した。

「我々はこれまでデジタルライフの提供をしてきた」とアピールする留目氏

ダチョウ倶楽部は往年のギャグ「ヤー!」から入り、小ネタを惜しみなく披露。会場の笑いを誘っていた

イベントスタートに先駆け、ダチョウ倶楽部が体験。誰が逆バンジーをやるかのくだりでお決まりの「どうぞどうぞ」が

結局、上島 竜平さんが逆バンジーの餌食に

「当たればもらえるんですよね? 3台くださいよ!」と真剣に取り組む3人

しかし結果はチャレンジ失敗。軽すぎるものを選んでしまった

その後上島さんは逆バンジー執行。最大高さ18mまで飛び上がるらしく、見ていてかなり迫力があった

その後なぜか留目氏も挑戦。目が笑っていない

留目氏が選んだものをダチョウ倶楽部がはかりに乗せるも……

チャレンジに失敗。今度は重いものを選んでしまった

上島さんよりも高く飛ばされてしまう留目氏

イベントスペースにはデスクトップマシンなども展示されていた

イベント概要

会場:東京スカイツリー 4F イベントスペース
参加:無料(1日50人程度を予定)
日時:12月6日~12月7日 19:00まで
詳細:http://laviechallenge.jp/

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中