このページの本文へ

中堅中小企業向けERPを高額な設備投資なしで迅速に導入可能に

SAP、HANAベースの「Business One」がAWSクラウドに対応

2014年12月04日 09時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 独SAPは11月18日、SAP HANAベースの中堅中小企業向けERP「SAP Business One, Version for HANA」がAmazon Web Services(AWS)に対応したことを発表した。AWSクラウドを活用してBusiness Oneを導入することで、高額な設備投資なしでSAPソリューションを迅速に導入できるとしている。

 今回、Business OneがSAP認定のAWS対応ソリューションとなったことで、「Amazon EC2」インスタンス上に同アプリケーションを導入、稼働できるようになった。Business Oneの既存顧客は追加費用なしで、既存のライセンスを用いてAWS上に展開できる。

 また、AWSを利用中のSAPパートナーは、SAP Business One, Version for SAP HANAの開発者版がAWS上で利用できる。これによりパートナーは、Business Oneへのアドオンソリューションなどの開発作業に容易に着手できるとしている。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ