このページの本文へ

NTT東・西を携帯電話利用者がサポートするユニバーサルサービス制度

携帯電話料金が2015年より月額1円値下がり

2014年11月28日 19時16分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ユニバーサルサービス制度のマスコットキャラクター「ユニちゃん」(総務省)

 NTTドコモやKDDI、ソフトバンクなど携帯電話事業者は11月28日、2015年1月よりユニバーサルサービス料をこれまでの月額3円から月額2円に減額すると発表した。

ユニバーサルサービス制度のあらまし 

 このユニバーサルサービス料は、“あまねく全国において低廉な価格でユニバーサルなサービスを提供”することを目的に総務省が徴収、交付しているもの。具体的には携帯電話事業者が負担し、NTT東日本とNTT西日本が損失を出したときの交付金を確保するための積立金としての役割となっている。

ユニバーサルサービス料を変遷 

 IP電話や携帯電話加入者の増加と固定電話回線加入者の減少など、電話利用者の動向は移り変わることもあって、徴収・交付金額は毎年算出されており、今年はNTT東・西への交付が見直されている(開始初年度の平成13年は7円だった)。なお、負担する携帯電話事業者がユニバーサルサービス料を利用者に転嫁するかどうかは事業者に任されている。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン