このページの本文へ

進撃の巨人は芸術だった、上野の森美術館で「進撃の巨人展」開催

2014年11月27日 21時47分更新

文● オオタ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
進撃の巨人は芸術! 上野の森美術館で「進撃の巨人展」が明日28日から開催

 上野の森美術館にて、アニメやコミックで人気の「進撃の巨人」を題材にした「進撃の巨人展」が明日28日から開催される。開催期間は2015年1月25日まで。会期中は全日・日時指定での入場となる。本日関係者を集めたメディア内覧会を実施した。

上野の森美術館がウォール東京に

 内覧会では、作者である諌山創さんの生原画展示や、3Dヘッドマウントディスプレー「Oculus Rift」を利用して、兵団の一員となって「立体機動装置」の浮遊感が体験できるコーナーも用意。

進撃の巨人展入り口はウォール・マリアならぬウォール・TOKYO
周囲には作品の名言や設定資料が展示されている
ファン垂涎!? 壁には多くの原画が展示。作者のコメント付きのものも
カラー原画も展示されていた
こちらは作者が影響を受けたという格闘家や漫画など
連載前に作者が19歳の時に書いた読み切り「進撃の巨人」
作品のキーワードである地下室の階段を再現
作品に登場するアイテムを再現したコーナーでは、ガラスに覆われていないものは実際に触れるようになっていた
エレンがミカサにあげたマフラー
サシャが訓練兵団の入団式で食べていた芋調査兵団員が巨人に捕食される間際まで書き付けていたノートと綿製のマント
兵士が装備する立体機動装置。なかなかに使い込まれ感が出ている
内覧日は見られなかったが、ファンなら見ておきたい作者描き下ろし生原画「物語の鍵を握る男」。進撃の巨人展限定の貴重なイラストだろう
Oculus Riftを利用して立体機動装置の浮遊感を体験できるコーナーも用意されていた
同展示の見どころである1/1スケールの「超大型巨人」

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ