このページの本文へ

特殊断面のハニカム構造も1枚のシートから簡単に制作

東大、折り紙を応用したハニカムコア新製法の実証に成功

2014年11月25日 17時17分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

試作したさまざまな形状のハニカムコア

 東京大学は11月25日、折り紙の手法を応用して翼型や波型などの特殊な断面形状を持つハニカムコア(蜂の巣状構造体)を簡単に制作する方法を考案、アルミ合金製パネルの試作に成功したと発表した。

(a)従来の展張式製造方法 (b)折り紙のように切れ込みと折れ線で立体に組み立てる (c-d)折れ線や切れ込みパターンを変えることで曲率自在に変更可能 

 軽量で高強度・高合成が実現できるハニカムコアは、航空機や宇宙機、建材などさまざまな用途に用いられている。しかし、製造方法は展張式と呼ばれる接着剤で積層した板を引き伸ばす方式がほとんどで、平面なパネルには適しているが曲率やテーパーを付けるといった特殊な形状に作り上げるのが難しかった。

 東京大学生産技術研究所では、折り紙の手法を用いて1枚の平面に切り込みや折れ線を入れ、折り曲げのみで立体を作り出す新しいハニカムコアの製造方法を考案。展開図のパターンを変えることでさまざまな立体に対応できる。

波型、曲面型のハニカムコア。平面的なハニカムコアを作ってから切削して形を出しているのではなく、平面パネルを組み立てて形作っている 

 アルミパネル製造の城山工業およびフジカケと共同で「折紙式」ハニカム製造装置のプロトタイプを開発し、波形や曲率パネルなどさまざまな形状のアルミ合金製ハニカムコアの試作に成功した。

 開発で折紙式ハニカムコア製造法の具体的な加工方法を確認できたため、今後用途やデザインに合わせたざまなハニカムコアを比較的安価に製造可能となり、軽量化や高剛性とともに、遮音/吸音/断熱性といったハニカムコアの利用がいっそう加速すると考えられるという。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン