このページの本文へ

2in1タブレットからハイスペックゲーミングPCまで、4製品

担当者推薦、本当に買い得のPC/タブレットはこれだ!

2014年12月02日 09時00分更新

文● 松野/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

最新GTX970M搭載でも軽い!薄い!
ハイスペックゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i5701」

GeForce GTX 970M搭載の「NEXTGEAR-NOTE i5701」

 G-Tuneブランド担当の杉澤さんが「今、G-Tuneで一番推したい製品」と自信を見せるのが、NVIDIA製の最新GPU「GeForce GTX 970M」を搭載したハイスペックノートPC「NEXTGEAR-NOTE i5701」だ。Core i7-4710HQ、8GB(最大32GB)メモリー搭載で、ストレージはM.2接続のSSDに加え、2.5インチのHDD2台を搭載可能な、まさに最強スペックのゲーミングノートである。

NEXTGEAR-NOTE i5701 ブロンズモデルの主なスペック
機種名 NEXTGEAR-NOTE i5701BA1
直販価格(税抜き) 16万9800円
CPU Core i7-4710HQ(2.5GHz)
グラフィックス GeForce GTX 970M
メモリー 8GB
ストレージ 500GB HDD
ディスプレー 15.6型(3840×2160ドット)、IGZO
光学ドライブ
通信 有線LAN(1000Base-T)、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth 4.0
インターフェース USB 3.0端子×4、HDMI端子×1、マイク入力端子×1、ヘッドフォン出力端子×1
内蔵カメラ 200万画素ウェブカメラ
サイズ/重量 約幅385×奥行275×高さ27mm(概算値)/約2.5kg
OS Windows 8.1 Update(64bit)

 ディスプレーは15.6型で、フルHD(1920×1080ドット)液晶モデル(NEXTGEAR-NOTE i5700)と、QFHD(3840×2160ドット)シャープ製IGZO液晶の解像度が異なる2モデルを用意している。リリース時点での価格設定にもこだわりがあったようだ。

GTX 970M搭載で13万円台の価格設定は他になかった、と語る杉澤さん

杉澤 「衝撃的だったんじゃないかと思うのが、フルHDモデルの価格です。GeForce GTX 970MとCore i7-4710HQ搭載のノートPCを13万9800円というのは、リリース時点では他社のどこもやっていない価格帯だった。一番安いところでも16万9800円ぐらいで、大体3万円の差がありましたね。価格の強さは今回凄くあると思います」

 元々が低価格なのも魅力だが、プラス3万円で購入できる4KのIGZO搭載モデルにも非常にお得感がある。実際、リリースして数日経ったインタビューの時点では、IGZOモデルを購入する方が圧倒的に多かったという。メモリーやHDDのカスタマイズを含め、総額おおよそ20万円前後で購入されているとのこと。

杉澤 「リリースしてすぐの段階ですと、フルにカスタマイズしていくお客様が多いんです。低価格帯のGeForce GTX 970M搭載PCの需要が高まるのは、年末商戦の頃でしょうね。最終的には2つのモデルが50%ずつくらいの売り上げになると思います」

従来比50%のグラフィックス性能アップ、軽量化にも貢献

 グラフィックス性能は、PCゲームを快適にプレイする上で最も重要な要素として挙げられる。GeForce GTX 970Mは、一世代前の製品であるGeForce GTX 870M比で約50%性能をアップさせるという、大きなブレイクスルーを果たした注目のGPUだ。その実力は、デスクトップPC用のGPUと比較できるほどに高いと杉澤さんは語る。

杉澤 「50%の性能アップというのは、今まででは考えられない数値です。実際にベンチマークの数値を比較すると、デスクトップ用のGeForce GTX 770にも負けていない。デスクトップの立場はどうなるんだと(笑)。拡張性などのメリットはあるのでデスクトップも当然残るとは思いますが、グラフィックスの良さだけでデスクトップを推していくのは、今後難しくなっていくかもしれませんね」

 GeForce GTX 970Mは従来製品を性能で大きく上回りながら、消費電力を低く抑えているのも大きなメリットだ。消費電力が低くなれば冷却用のファンなども小型化できるため、結果的に筐体が小型化できる。実際、NEXTGEAR-NOTE i5701は厚さ27mm、重量約2.5kgと、大型化しがちなハイスペックゲーミングノートとしては非常に薄く軽い。従来モデルのNEXTGEAR-NOTE i790は厚さ43mm、重さ3.1kgなので、厚みは約40%、重量は約20%低くなっている計算になる。性能も上がって薄型・軽量化している、まさに至れり尽くせりのノートPCだと言えるだろう。

杉澤 「Windowsキーのロックやファン回転数の制御、マクロキーの設定など、利便性を高める機能は引き続き搭載しています。あとは、片手で天板を開けられたり、クリックボタンをキーボードと同じ構造にして押下感を改良したり、地味なところでも手を入れていますね。光学式ドライブは搭載していませんが、ゲーム自体も最近はメディアを使う環境が少なくなっていますし、薄型化を突き詰めていくコンセプトだと、今回のように割り切って非搭載にすることはあります。筐体のサイズに余裕がある場合など、『載せられるなら載せる』という感じです」

 また現在、GeForce GTX970Mを含む最新GPU搭載モデルを購入すると、ユービーアイソフトの人気ゲーム「アサシンクリード ユニティ」と「ザ クルー」のうちどちらかが無料でゲットできるクーポンが付いてくるという。2製品ともNVIDIAのグラフィックスに関する最新技術が多く使われており、新しく購入したNEXTGEAR-NOTE i5701の実力を試すのにうってつけのタイトルとなっているため、これからゲームを購入する予定がある人も、ここで奮発してPCごと買い替え、最新GPUの実力を満喫してみるのもアリかもしれない。

NEXTGEAR-NOTE i5701のオススメポイント!

1.最新GPU「GeForce GTX 970M」とCore i7でゲームがサクサク動く!

2.厚さ27mm、重量2.5kg! 性能アップでも薄型軽量!

3.フルHD液晶モデルは13万円台から提供! プラス3万円で4K IGZOモデルも!

カテゴリートップへ

マウスコンピューター