このページの本文へ

カナデジ〜吉井香奈恵とデジタルカメラ〜 第2回

自撮り棒より快適、シャッターはタブレットで押せ!

2014年12月01日 17時00分更新

文● 相川いずみ 写真●鎌田拳太郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

タブレットがリモコン&モニターに変化!

 今回、ASCII.jpがセレクトしたのは、Wi-Fi機能を搭載した3機種。いずれもスマートフォンやタブレットと組み合わせて、撮った写真を即スマホに転送したり、さらにはスマホで構図を決めながらリモート撮影までできるのが特徴です。ということで、タブレットには「NEXUS7」を用意し、それぞれの専用アプリと組み合わせて使ってみることにしました。

 カメラは、パナソニック「DMC-TZ55」、ソニー「サイバーショット DSC-WX350」、カシオ「EX-ZR50」の3機種です。

【その1】スマホやタブレットで細かい撮影設定ができる「DMC-TZ55」

 一番手は、パナソニックのDMC-TZ55。光学20倍ズームや180度のチルト液晶を搭載した多機能なコンデジです。「おまかせiA」機能を使えば、カメラを向けるだけで自動的にシーンを認識し、人物や夜景などの最適なモードへ切り替えてくれます。

 さらに、スマホ/タブレット用アプリ「Panasonic Image App」では、撮った写真を複数合成し、フレーム付きのカッコイイコラージュに仕上げてくれる機能もあります。

DMC-TZ55は、ズーム時も手ブレを抑えてくれるレンズシフト式(光学式)手ブレ補正を搭載。実売価格2万2000円前後。

背面の3型46万ドットの液晶モニターは180度可動のチルト式のため、ローアングルからの撮影も容易です。フルHDのムービーも撮影でき、日常からイベント、旅行まで幅広く活躍しそうです。

吉井 わ……タブレットにカメラの画面が映ってる!?

鎌田 Wi-Fi経由でカメから画像を転送しているんだけど、カメラの小さい液晶より、タブレットで見る方が構図が選びやすいよね。

吉井 へー。タブレットでも撮影のモードを変えたりとかできるんですね。せっかく素敵な風景だから、わたしも入って記念写真を撮ってみよう!

三脚にカメラを固定して、タブレットでアングル確認。

鎌田 空、入れたい対象物、自分。このバランスをタブレットの画面で確認しながら、構図を決めてみて。

吉井 できました! ふふ、しっかり美肌設定にしちゃいましたよ!

こちらが、吉井さんが実際に撮影したカット。


(次ページ、「20倍ズームで軽量コンパクトな「サイバーショット DSC-WX350」に続く)


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン