このページの本文へ

もう裏表を間違えることはない(micro-Bでも間違えないけど)

エレコム、次世代USB 3.1の“裏表挿せる”Type-C端子のケーブル発売

2014年11月19日 17時12分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

USB3-ACケーブル(右がリバーシブルの「Type-C」)

 エレコムは11月19日、最新USB 3.1規格の新コネクタ「Type-C」を搭載するUSBケーブル「USB3-ACシリーズ」/「USB3-CCシリーズ」/「U2C-ACシリーズ」を発表、11月下旬に発売する。

USB3-ACケーブル(USB A端子はリバーシブルではない) 

Type-Cは、USB micro-Bと同程度のサイズながら裏表どちらにも挿すことができ、USB micro-Bの2倍の抜き差し回数寿命を持つ。最大10Gbpsまでのデータ通信速度に対応する。

両方がType-CのUSB3-CCケーブル

 ACシリーズはUSB 3.1 A端子とType-C端子、CCシリーズは両側ともType-C端子を装備(U2C-ACはUSB2.0のA端子とType-Cを接続する)。また、ACは最大5V/1.5A、CCは最大5V/3.0Aの大電流に対応(給電用規格のUSB Power Deliveryではない)。

 Type-Cコネクタは裏表関係なく挿せる

 ケーブルはブラック/ホワイトの2種、ケーブル長0.5~4mが用意される。価格はACが3229円より、CCが4190円より、U2C-ACは2462円より。

■関連サイト

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース