このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

任天堂ゲームの動画を投稿してお金に変えられる新要素も発表

主役はユーザー!! 幕張でゲームの祭典「闘会議2015」が来年開催

2014年11月18日 17時00分更新

文● 広田稔(kawauso3)、多田祥人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ドワンゴは17日、niconicoにおける関連イベントの新情報を発表した。4年目となるniconico最大のお祭り「ニコニコ超会議2015」、11月にスタートして全国の書店を回る「ニコニコ書店会議」、12月にシンガポールで実施する「ニコニコ国会議」といった既報のアップデートのほか、2015年の1月31日、2月1日に実施するゲームの祭典「闘会議(とうかいぎ)2015」を新たに明らかにしている。

全ゲームファン必見の「闘会議2015」

 闘会議2015は、テレビ/スマホ/アナログ/アーケード/リアルゲなど、あらゆるゲームが集まるというイベントになる。ここ数年、ネットでゲームといえば、プレイヤーが話しながら遊ぶ様子を動画化した「ゲーム実況」が大きなブームで、niconicoでも一大ジャンルを築いている。

 niconicoのイベントでも、今年4月の「ニコニコ超会議3」でもゲーム系の企画が大きなブースを構え、7〜11月の全国ツアー「ニコニコ町会議2014」でもゲーム実況に多くのユーザーが集まっていた。そうしたユーザーの熱気を受けてついにゲームジャンルが独立し、任天堂を始めとするいくつかのゲーム会社が協賛したうえで、今回の闘会議が実現したわけだ。

闘会議のキービジュアル。古今のゲームコントローラーに混じって、パワーグローブや花札があるのがニクい。開催時間は、1月31日が10〜18時、2月1日が10〜17時

場所は千葉県幕張メッセの4〜7ホール。「ゲーム実況とゲーム大会の祭典」と銘打ち、「大会ステージ」や「実況ステージ」、「アナログゲーム」などのブースを用意する

入場料は一日券の場合、前売りが1000円、当日券が1500円。通し券は前売りのみで1500円。優先口から入場できる優先入場券も用意。未就学児は無料で入場できる

超会議と同じく、任天堂が特別協賛としてバックアップ。ほかに、ガンホー・オンライン・エンターテイメント、コロプラ、ミクシィ、LINE、スクウェア・エニックス、セガ、ソニー・コンピュータエンタテインメント、バンダイナムコゲームスが協賛している

「大会ステージ」では、格闘、レース、シューティングなどのゲーム大会を開催。「実況ステージ」では、有名なゲーム実況者が出演して遊ぶ様子を見せてくれる

ゲームミュージックのライブが楽しめる「ライブステージ」。屋台が立ち並び、来場者がその中に入ってゲーム実況できるという「ゲーム実況縁日」

懐かしい「レトロゲーム」や、サッカーグラウンドに22台のゲーム機を並べて11対11で対戦するという謎企画を用意する「リアルゲーム/スポーツゲーム」

トランプやボードゲーム「アナログゲーム」、ユーザーが企画運営する「まるなげひろば」など、さまざまな企画を用意している


(次ページでは、「えっ!? 任天堂のゲーム動画を投稿するとお金がもらえる!?」)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ