このページの本文へ

データ暗号化、作業スペース隔離、クラウド経由のポリシー制御を1つに

「Check Point Capsule」でBYODの課題を全解決?

2014年11月17日 06時00分更新

文● 谷崎朋子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

11月14日、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは「Check Point Capsule」を発表した。3つの製品から構成されるモバイル向けのセキュリティソリューションで、BYOD環境でも安全な業務利用を実現するという。

BYODの各種課題を全解決する新モバイルソリューション

 Check Point Capsuleは、デバイス内に業務データやアプリ向けの隔離領域を作り、データの暗号化、作業スペースの隔離、クラウドを介したポリシー制御で、BYOD環境でも安全な業務利用を実現する。「Check Point Capsule Docs」「Check Point Capsule Workspace」「Check Point Capsule Cloud」の3つの製品で構成される。

Check Point Capsuleの概要

 Capsule Docsは、作成されたファイルを暗号化して、アクセス可能なユーザーや操作の制限を設定できるプラグインタイプの製品だ。たとえば、外部のプロジェクトパートナーとファイルを共有する場合、あらかじめ権限などを設定してから送信、相手がファイルを開こうとするとプラグインのインストール画面が表示され、インストール後は制限に従ったファイル操作が行える。対応アプリケーションは、Microsoft Office 2012および2013(32/64ビット)、Microsoft Office 2003~2007(32ビット)、Adobe Reader 8~11、Acrobat Pro 8および9だ。

安全なファイル共有をサポートするCheck Point Capsule Docs

 Capsule Workspaceは、デバイス上に作成される隔離領域だ。権限ユーザーはユーザー/パスワードやRSA SecureIDなどの認証を使ってログインし、企業ネットワーク内のビジネスリソースにリモートアクセスできる。領域内で作成したデータは、デバイス内で保存・管理できるが、領域外に持ち出すことはできない。また、領域内の保存データを一定期間後に破棄する設定もできる。もちろん、盗難・紛失時の領域内のデータ消去も行なえる。

隔離領域で業務データを保護するCheck Point Capsule Workspace

 Capsule Cloudは、社内ネットワークのセキュリティポリシーを社外のモバイルデバイスにも適用できるクラウドサービスだ。モバイルデバイスはもちろんのこと、管理者はチェック・ポイントのSecurity Managementサーバーから適切なポリシールールを追加・削除することで、クラウドに接続されたオンプレミスのゲートウェイすべてにポリシーを展開できる。

一貫したセキュリティポリシーで全デバイスを管理できるCheck Point Capsule Cloud

 ログ情報は、Security Managementサーバーから確認できる。ファイルの送信先、アクセスした人物、操作、不正アクセスなどがアイコンなどを使って見やすく表示され、直感的な管理をサポートする。

シンプルで分かりやすいログ管理画面

 「以前MDM製品を使っていた頃は、個人デバイス内の一部データやアプリの削除が強制され、利便性が悪かった。また、デバイスを紛失した友人は業務データのみならず個人データもすべてリモートワイプされた」。そう振り返るチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ 代表取締役社長 堀昭一氏は、業務で併用しているとは言っても、自分の過去がなくなるようだと使用感に不満を吐露した。

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ 代表取締役社長 堀昭一氏

 「本ソリューションは社内で1年以上の利用実績があり、こなれた製品。場所を選ばず業務データを保護し、モバイルデバイス上で個人データと業務データを切り分けて管理でき、さらには自社のセキュリティポリシーを一貫して適用できる。利便性と安全性を兼ね備えた統合セキュリティソリューションだ」。

 対応プラットフォームは、iPhone、iPad、Android、Windows、Mac OS X。Capsule Cloud、Capsule WorkspaceとCapsule Docsの3製品をセットにした、3つのパッケージで販売。ライセンス形態は、企業全体で利用可能なエンタープライズライセンスと、部署単位で利用するレギュラーライセンスの2種類だ。参考価格は、Capsule Cloudは月額420円/ユーザー、Cloud Workspace and Docsは700円、3製品セットは1120円(いずれも税別)。

カテゴリートップへ

ピックアップ