このページの本文へ

上海問屋「MP3変換機能搭載 ミュージックレコーダー」

プレーヤーやラジオの音源を直接SDカードに録音できるレコーダーが登場

2014年11月01日 22時52分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋から、プレーヤーの音楽を直接SDカードへ録音できる「MP3変換機能搭載 ミュージックレコーダー」(型番:DN-11638)が発売された。ドスパラ パーツ館3Fの上海問屋コーナーで販売中だ。

プレーヤーの音楽を直接SDカードへ録音できる「MP3変換機能搭載 ミュージックレコーダー」が上海問屋から発売

 この製品は、スマホやCDプレーヤー、ラジオやカセットプレーヤーなどの再生機器からの音楽・音声をMP3ファイルとして録音できるレコーダー。音楽ファイルはSDカードに直接保存するのでPCに接続する手間や面倒な設定は一切不要。簡単操作で録音が可能だ。動画の音声部分の抜き出しや、ラジオの録音、アナログ音源のデジタル化など様々な用途にオススメとしている。

 使い方は、再生機器を「LINE IN」側に、「LINE OUT」側には手持ちのイヤホンやスピーカーを接続。音楽・音声を再生しつつ、録音したい箇所で本体の「RECボタン」を押すだけで、MP3ファイルがSDカード内に保存される。なお、録音されたMP3ファイルはレコーダー上でも再生可能だ。

 このほか、付属のリモコンで録音操作はもちろん、ビットレートを変更することもできる。サイズは105(W)×115(D)×30.5(H)mmで、重量は約80g。電源には付属のACアダプターを使用する。
 価格は4621円だ。

音楽ファイルはSDカードに直接保存。録音されたMP3ファイルはレコーダー上でも再生可能だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ