このページの本文へ

レノボ、Motorola Mobilityの取得を完了 日本でもスマホに期待大!?

2014年10月30日 20時45分更新

文● オカモト/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボはGoogleからのMotorola Mobilityの買収を完了したと発表した。Motorola Mobilityの本拠は従来どおりにシカゴに置く。この買収は今年1月に発表されていたもの。買収額は29.1億ドル(約3170億円)。

 となると気になるのが日本市場への参入だが、ニュースリリースにおいて、レノボ・ジャパン代表取締役社長であるロードリック・ラピン氏のコメントとして、

 「(前略)今回の買収によってレノボは、日本のスマートフォン市場への将来的な参入の可能性に向けて、戦略的な形で計画を練ることが可能になります。日本という独自性が高く、重要な市場でこれまでのパートナー様だけでなく、新たなパートナー様とも協業していけることを楽しみにしています。」

という内容が公表されているように、何らかの検討がなされているのは間違いないところ。

 国内におけるMotorolaブランドの携帯電話は、初期の自動車電話やデジタルムーバののち、ドコモやVodafone向けに「M1000」「Razr(M702iG)」「702MO」などを提供。2011年からはau「PHOTON ISW11M」やソフトバンク「RAZR M 201M」といったAndroidスマートフォンで再参入したが、苦戦がつづいていた。まずはグーグルから「Nexus 6」が発売予定だが、Motorolaブランドでの本格的な国内展開に期待したいところだ。

11月に発売予定のNexus 6の背面には、おなじみのMのマークが。日本市場再参入に期待!


■関連サイト

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画