このページの本文へ

格安スマホユーザー向けサービス

ソースネクストが月額390円のアプリ取り放題サービス開始!

2014年10月29日 23時07分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

格安スマホ、格安SIMカードユーザーにうれしい
月額390円のアプリ取り放題サービス

 今年、モバイル界隈で最もよく耳にする単語が「格安SIM」や「格安スマホ」、「MVNO」だ。だが、格安スマホには大手キャリアが用意するような手厚いサービスは通常用意されていない。そんなところに先陣を切っていったのが、ソースネクスト。今日29日から、有料アプリを始め100種類以上のアプリをダウンロードできる「アプリ超ホーダイ」というサービスを月額390円(税別)で提供を開始した。

 ソースネクスト 代表取締役社長の松田憲幸氏はプレゼンテーションにおいて、「日本は海外諸国と比べてもスマホの普及率が低い。その原因は月額料金の高さにある。4月にイオンさんが発売したイオンスマホは月額1980円からと圧倒的な安さで、スマホにしたいけど躊躇していた層に刺さった」と、最近の格安スマホの動向を説明した。

ソースネクスト 代表取締役社長 松田憲幸氏
イオンリテール デジタル事業開発部 部長 橋本昌一氏ビッグローブ 代表取締役社長 古関義幸氏

 ゲストとして登壇したイオンリテール デジタル事業開発部 部長 橋本昌一氏は「大手キャリアと比べると、50代以上の顧客が多い。例えば大手キャリアだと50代以上の顧客は15.1%だが、イオンスマホは51.7%です。さらに70代以上だとキャリアは0.6%だが、イオンスマホは4.5%にものぼる」と、イオンスマホの手応えを語った。ただし、アプリを使ってみたいけど、何を入れたらいいのかわからない人もいる。「そういう人のためにソースネクストと協業するに至った」と今回の提携を説明した。

スマホはフィーチャーフォンに比べて高い、という意識がまだ強いという
通信業者ではない企業も含め、さまざまなメーカーが格安スマホに手を上げているうまく運用すれば月額料金も抑えられることをアピール

 アプリ超ホーダイはAndroidスマホのみで展開し、iPhone対応は今のところ考えていないとのこと。徐々に対応アプリを増やし、来年3月までに販売パートナーは50社を目指すという。

専用のアプリをインストールし、アプリ超ホーダイ専用のサーナーからアプリをダウンロードする。Google Play経由は経由しない。通信事業者によっては、このアプリが最初からプレインストールされていることもあるとのこと

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン