このページの本文へ

5万円台とコスパも優秀

表計算や動画像処理で活躍、AMD A4-7300のスリム/ミニタワーPC-ドスパラ

2014年10月29日 16時52分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
最新CPU「AMD A4-7300」を搭載するミニタワーPC「Diginnos Biz SLIM A」(モニターはオプション)

 ドスパラは10月29日、AMD A4-7300(3.8GHz)を搭載するスリムタワーPC「Diginnos Biz SLIM A」と、ミニタワーPC「Diginnos Biz A」の販売を開始した。

 これらの機種に搭載するAMD A4-7300(3.8GHz)は、内蔵GPUがエントリークラスのGPUに匹敵する画像処理性能を持つ最新のCPUだ。表計算や動画を含むプレゼンテーション資料の作成、画像を多用した文書の作成など、ビジネスシーンにおける処理で性能を発揮するとしている。

ミニタワーPC「Diginnos Biz A」

 スリムタワーPCのDiginnos Biz SLIM Aは、CPUがAMD A4-7300(3.8GHz)、メモリーは4GB、ストレージは500GB HDDという構成だ。OSは、Windows 7 Professional(64bit)を採用する。電源は300Wで、80PLUS BRONZE認証を取得している。価格は5万3978円。

 ミニタワーPCのDiginnos Biz Aは、AMD A4-7300、4GBメモリー、500GB HDDを搭載する。OSはWindows 7 Professional(64bit)。電源は400Wで、80PLUS BRONZE認証を取得している。価格は5万3978円。

 2機種とも、販売サイトのカスタマイズメニューにてメモリーのアップグレードや、マウス、ディスプレーなど各種デバイスのカスタマイズが可能だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ