このページの本文へ

佐武宇綺が聞いちゃいます オーディオのココが知りたいです!第8回

佐武宇綺の“良い音”を探す旅 ~アニメの音響を知る

「良い音という評価は複雑」 ソードアート・オンラインIIの岩浪音響監督

2014年11月12日 17時00分更新

文● 編集部 写真●神田喜和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スタジオで聞く音に近いのはやはりブルーレイ

佐武 やっぱり、DVDとブルーレイを購入してそこから聞く音はテレビとは違うものですよね。

岩浪 うん。テレビは様々な制約があるので。一番大きな音と、小さな音が極端であってはいけない。ラウドネスっていう規格があって、番組全体でこのぐらいのボリュームで流しなさいよという基準があるんですね。CMとかでボリューム差が無いように平均化するために作られた規格なんですけども。すると、作品の音もコンプレッサーと言って、圧縮する作業をするんですね。一回仕上げた後に、大きな音は抑えて小さな音は上げて。キュッと上と下を圧縮してからテレビにかかるので、本来僕らがスタジオで聞く音とは若干違うんです。

佐武 そうですよね。

岩浪 それはテレビで一番最適に聞こえるようになんですけど。ブルーレイ、DVDなどのソフトに入ったときは、我々がスタジオで聞いているそのままの音声データがだいたい収録されるので。

佐武 でもそれでも『ソードアート・オンライン』をテレビからイヤフォンで聞いたんですよ、スゴイ良い音だったんですね。やっぱりそれでも伝わる部分はあるけど、これがブルーレイになると全然違うんだろうなと思って。

岩浪 ぜひ機会があれば聞き比べていただければ。録画しておいたものと、ディスクになったものと。佐武さんぐらい色々聞き分けてきた耳だとわかると思うな。

最高の機会に、浮かれるうっきー。

佐武 そんなそんな。そんな神様みたいな耳は持ってないです。頑張ります。アハハハ。

 でも、そうですね。今聞いてたみたいに録画したものとブルーレイを聞き分けてもスゴイ面白い。音楽好きの人とか、音が好きな人とかは楽しみが違うかもしれないですね。

岩浪 それで、よりよい再生機器を使っていれば違いはわかりやすくなるので。機材自体の音の解像度も上がれば、違いはどんどんでかくなっていくので。特にこういう記事を見ているようなマニアックな方は聞き分けていただければ。

佐武 そうですね。聞き分けていただきたいです!

佐武 本日はすてきなお話をいっぱい聞けました。ありがとうございます! 最後に一言、岩浪監督にとっての良い音は何か、教えていただけますか?

岩浪 先ほども言いましたように、見た人、聞いた人が無条件に楽しんでいただけたのが良い音ですかね。面白いって言えばOKみたいな。

佐武 「音が目立ち過ぎちゃいけない」というのは目から鱗でした。バランスが大事なんですね!

この連載の記事

秋の「鉄板ヘッドフォン」購入ガイド

ピックアップ