このページの本文へ

アプリ利用者のログ分析、キャンペーンの効果測定などビッグデータ処理を短期間で

すかいらーく「ガストアプリ」分析にトレジャーデータ採用

2014年10月17日 14時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 外食産業のすかいらーくが、ファミリーレストラン「ガスト」公式モバイルアプリのビッグデータ分析ツールとして、クラウド型データマネージメントサービス「トレジャーデータサービス」を採用した。

 トレジャーデータが10月16日、導入事例として発表した。

「ガストアプリ」は、割引クーポンの提供のほか、店舗検索やメニュー閲覧といった機能を提供するモバイルアプリ

 すかいらーくでは、全国におよそ1350店を展開するガストの公式モバイルアプリとして「ガストアプリ」を提供している。今回、トレジャーデータサービスを導入することで、ガストアプリ利用者に関するログデータの収集や保管、分析作業を効率化するほか、展開する各種キャンペーンの効果測定を短期間で的確に行えるようにする。

 採用に当たっては、今後ガストアプリの利用者数が拡大し、収集するデータ量も大幅に増加することを想定し、大量のデータ分析にも対応できるトレジャーデータサービスを高く評価した。

 今後、ガストアプリ限定クーポンやキャンペーンの効果を測定し、その結果に基づき、顧客サービスやマーケティング施策を充実していくとしている。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ