このページの本文へ

「iPhone 6」&「iOS 8」全力徹底特集! 第37回

持ち運んでチェック! iPhone 6 / iPhone 6 Plusフィールドベンチマーク

2014年10月15日 13時00分更新

文● 林佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「iPhone 6 Plus」は曲がるの怖いのよねぇ……

 iPhone 6 Plusをズボンのポケットに入れている場合、大型化した影響で歩きにくかったり、うっかり座ると曲がりやすかったりといった問題を感じている。後ろポケットの場合、腰をかがめたときに「あ、やばそう」と思ってしまうし、前ポケットの場合も腿をあげるとiPhone 6 Plusが曲がるというか、ねじれそうな印象がある。iPhone 6の場合は、よっぽどピチピチのズボンでなければ前ポケットに入れていても問題なさそうだ。

 iPhone 6 Plusはカバンに入れて持ち運ぶのが正解で、もしくは常に手に持ったほうがいいだろう。ただ手に持った場合滑落させやすく、筆者自身も原稿作成時点で3回滑落させてしまい、あちこちに傷が入ってしまった。

 説明が難しいのだが、これはiPhone 6 Plusが手になじみやすく、「持っている感覚が薄くなりがち」で「しっかり持たなくなる」ことが大きな要因だ。そのため、現状ではサードパーティー製のバンパーを付けて微妙に持ちにくく感じるようにしている。iPhone 5s末端部のエッジ処理による(少し角張ったような)感触、「微妙に持ちにくい部分」「ちょっとだけ手に違和感を覚えさせる部分」といえば伝わりやすいだろうか。また5型クラスのAndroid端末ではお馴染みなので、店頭で持ち比べてみるといいだろう。

今回、ノートPCはバックパックに入れたまま放置気味。その代わりに写真のような小さめのカバンだけで移動していた。カバンの中身はiPhone 6とiPhone 6 Plus、モバイルバッテリー、α7といった具合。メールや緊急の通知チェックをするため、意識的にカバンから取り出す回数が増えたのだが、それもApple Watchが登場すれば解消されるだろう

ちなみに同行者と「今回は荷物を減らそう」と話し合っていたが、写真の通りだった(数年前よりはだいぶ荷物は減っているのだが……)

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中