GIGABYTE「GV-N970G1 GAMING-4GD」

GIGABYTEのGeForce GTX 970はゲーマーに最適!

文●加藤 勝明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

GIGABYTE「GV-N970G1 GAMING-4GD」を
選ぶ5つの理由

 以上のようにGTX970の魅力を述べてきたが、実際どのメーカーの製品を選ぶべきか? 最上位のGTX980と違い、GTX970はリファレンス仕様の製品が出回っていないため、GTX970はメーカー独自仕様の製品から選ぶことになる。

 数ある製品のなかで編集部が特にオススメなのがGIGABYTE独自のオーバークロックモデル「GV-N970G1 GAMING-4GD」だ。

3連ファンがいかにも冷えそうなGIGABYTE製ビデオカード「GV-N970G1 GAMING-4GD」。実売価格は税込5万円前後

 同製品の魅力はオーバークロック設定の高さだ。GTX970のリファレンス仕様がベースクロック1050MHz、ブーストクロックが1178MHzなのに対し、GV-N970G1 GAMING-4GDはベース1178MHzで、ブーストはさらに高い1329MHz。

 リファレンスのブーストクロックが最低保証のベースクロックなのだ。これだけでGV-N970G1 GAMING-4GDを買う理由になりそうなものだが、改めてこのカードを買う理由を5つ紹介しよう。

理由その1:冷却力を重視した「WINDFORCE 3X」&
超絶「Super Over Clock」

 現在のGeForce系のGPUクロックはGPUに余裕があれば自動的にオーバークロックする「GPU Boost 2.0」が組み込まれている。このGPUの余裕を示すパラメーターはいくつかあるが、特に重要なのはGPU温度。つまり“GPUが冷えなければ、クロックが上がらない”のだ。

 この仕様があるからこそ、GeForce系GPUには高性能クーラーは必須。TDP 145WのGTX970に対しえらく巨大なクーラーが搭載されているのは、ブースト1329MHzという高いオーバークロック設定を維持するためには必然の装備なのだ。

このロゴが高性能FAN「WIND FORCE 3X」搭載の証

GIGABYTEのSUPER OVER CLOCKロゴ。その名の通り、「超オーバークロック」されている

3基のファンと大型ヒートシンクで冷却する「WINDFORCE 3X」クーラー。TDP 145WのGPUにはオーバースペックのような印象を受けるが、大きい分しっかり冷える。後のベンチで冷却性能を検証しよう

裏面ほぼ前面には鉄製プレートを装着。放熱はもちろんだが温度の上下動で発生する基板の歪みを抑え、耐久性を確保する目的もある

リファレンス仕様の補助電源は6ピン×2だが、OC版なので8ピン+6ピンに強化済。電源ケーブルのツメが基板側に回り、着脱しやすいよう工夫されている点に注目

上部のWINDFORCEロゴは動作中に青く光るようになった。GeForce Experience上の「LED Visualizer」を使うことで、GPU負荷や温度に連動して発光パターンを変えられる

「GPU-Z」で各種情報をチェック。ブーストクロック1329MHzという設定の高さに注目

理由その2:自由度の高いディスプレー出力
「FLEX DISPLAY」

 マルチディスプレー環境を構築したい人はGV-N970G1 GAMING-4GDのディスプレー出力の構成にも注目だ。他社のGTX970搭載製品では、DVIが1系統にDisplayPort3系統、HDMI2.0が1系統だが、GV-N970G1 GAMING-4GDはGIGABYTE独自の「FLEX DISPLAY」によりDVIを2系統装備しているのだ。

GIGABYTEのFLEX DISPLAYは6基の出力を搭載しており、幅広いディスプレーに対応できる

GV-N970G1 GAMING-4GDのディスプレー出力はDVIが2系統ある。写真左側のDVI端子は、その直下のDisplayPort2基と排他利用になる

 2系統目のDVIはDisplayPort2系統と排他利用という制約はあるものの、DVI接続の液晶を主に使う人にとっては、他社製のカードよりも使いやすい。DisplayPort→DVI変換ケーブルを使わなくてもよい、という点は多いに評価すべきだろう。

FLEX DISPLAYは、4K解像度の4画面出力も可能だ

→次ページに続く (さらなるオーバークロックも狙える

過去記事アーカイブ

2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月