前へ 1 2 3 4 5 次へ

GIGABYTE「GV-N970G1 GAMING-4GD」

GIGABYTEのGeForce GTX 970はゲーマーに最適!

文●加藤 勝明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

高性能でも静かで、かつ冷える

 ここからはGV-N970G1 GAMING-4GDのキモであるWINDFORCE 3Xクーラーの実力をチェックしてみる。まずは騒音計(AR815)を使ってファンノイズを比較してみた。

 アイドル時はシステム起動10分後、高負荷時は「トゥームレイダー」のベンチマークモード(最高画質、1920×1080ドット)を30分稼働させた時に計測している。暗騒音は約34dBA、マザーの40cm上空、ビデオカードの中心にマイクを置いて計測している(システムはバラック組み)。

ファンノイズ(単位:dBA) ←better

 今回テストしたカードはどれも3連ファンを搭載した強冷却仕様の製品だが、GV-N970G1 GAMING-4GDのファンノイズはとりわけ小さい。

 GTX770/760はファンがうなりをあげて回転するためゲームをしていてもかなり気になったが、GV-N970G1 GAMING-4GDならよりゲームに集中できる。

 次にトゥームレイダーの30分ベンチ実行中のファン回転数の違いをチェックしてみよう。計測には「HWiNFO64」を使った。

ファン回転数(単位:rpm) ←better

 Kepler世代のGTX770/760は2700~2800回転までファンが回るのに対し、GV-N970G1 GAMING-4GDは最高でも2051回転と低い。GV-N970G1 GAMING-4GDが静かな理由は当然の結果といえる。

 しかしいくら静かでも、GPUが冷えなければ意味がない。そこでファン回転数と同様に30分間のGPU温度を比較しよう。

GPU温度(単位:℃) ←better

 GTX770が最高77度、GTX760はそれよりやや低めの74度まで上がったのに対し、GV-N970G1 GAMING-4GDは最高64度と非常に低い。

 元々が低発熱設計なのに加え、WINDFORCE 3Xクーラーが強力に熱を奪っていることがわかる。これならさらにオーバークロックで上を狙うこともできそうだ。

期待のゲームプレイには
「GV-N970G1 GAMING-4GD」がベストバイ!

 最近はどのビデオカードメーカーも冷却重視&高耐久といった付加価値を付けて製品をリリースしているが、コアゲーマーの酷使に耐えるビデオカードはその一部しかない。

 今回は様々な角度からGTX970を搭載したGV-N970G1 GAMING-4GDの性能をチェックしてきたが、GTX970の基本性能の高さもさることながら、高いオーバークロック設定でも高い冷却力と安定性を確保できるGIGABYTEの独自設計も印象的だった。

高いオーバークロック設定でも高い冷却力と安定性を確保できるGIGABYTEの独自設計がベストバイの理由

 そろそろビデオカードを強化して期待のゲームをガッツリと遊ぼうかな、と考えているなら、GIGABYTEの「GV-N970G1 GAMING-4GD」を選ぶべきだろう。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月