このページの本文へ

「Bizホスティング Enterprise Cloud」のサービスを拡充

NTT Com、AS/400からのクラウド移行を容易に

2014年10月14日 14時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTコミュニケーションズは、企業向けクラウドサービス「Bizホスティング Enterprise Cloud」において、IBM i(AS/400)で稼動する基幹システムのクラウド化を容易に実現する「Powerオプション」と、ファイル転送ツールセゾン情報システムズの「HULFT」を利用量に応じ月額料金で利用できる「HULFTライセンスサービス」を、2014年10月10日より提供開始することを発表した。

 IBM i(AS/400)は多くの企業で、ERPなどの基幹システム用のOS・サーバー基盤として利用されており、Windows/LinuxなどのIA関連サーバーと連携して稼働している。近年、このIBM i(AS/400)を利用したシステムの更改時に、規模に応じて柔軟にシステム構築・運用が可能なクラウドサービスを検討する企業が増えているという。だが、IBM i(AS/400)と同一拠点で運用されるIAサーバーは、相互のスムーズな連携が必要であり、両方を同時にクラウド化できるハイブリッドクラウド基盤が必要になる。

 こうした需要に応えるため、NTT Comは日本情報通信が提供するIBM i向けクラウドサービス「クラウドメンバーシップ」とIA系のシステムを高信頼で運用できる「Bizホスティング Enterprise Cloud」を低遅延なネットワークで接続。一元的に提供するハイブリッドクラウド基盤「Powerオプション」を提供開始する。

HULFTの各種機能をBizホスティング Enterprise Cloudのオプション機能として提供

 また、セゾン情報システムズが提供するHULFTの各種機能をBizホスティング Enterprise Cloudのオプション機能として提供。HULFTは金融業界や製造業界を中心に多くの企業がシステム間のデータ連携(ファイル転送)に利用する日本市場でのシェア1位のソフトウェア。今回、利用量に応じた月額料金で利用できる「HULFTライセンスサービス」として開始する。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ