このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

スマホからタブレット、4Kまで! 「CEATEC JAPAN 2014」で最先端を知る!! 第8回

CEATEC会場で試せる最新スマートフォンをチェックする!

2014年10月08日 14時00分更新

文● オカモト/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「CEATEC JAPAN 2014」では、単独でブースを構えているNTTドコモは技術展示などが中心で冬スマホの実機はなかったが、いくつかのメーカーのブースでは最新スマートフォンや、またその周辺の技術などを見ることができた。

ファーウェイのフラグシップ機に
シャープの注目の冬モデルなど

発表されたばかりのSIMフリーのファーウェイ製端末「Ascend Mate7」。フラグシップ級の性能を持つ6型ファブレットだ

 まずは6日に製品説明会を開催したファーウェイ。そこで発表されたSIMフリーの6型ファブレット「Ascend Mate7」は、海外でも9月の「IFA 2014」で公開されたばかりの最新フラグシップ端末。国内では12月に発売予定だが、これは海外とほぼ同時期とのこと。

 実際に手にした感触は金属製の背面が好印象。約7.9mmと薄型ボディーも特徴的だ。5.5型のiPhone 6 Plusと比較すると、横幅が約81mmとさすがに大きいが(iPhone 6 Plusは77.8mm)、縦方向はほぼ同じ。6型の大画面をギリギリ使いこなせる筐体に収めた魅力的な1台だろう。

背面はメタル。薄型ボディーも特徴

左写真はiPhone 6 Plusと比較したところ。横幅以外は比較的近いサイズだ。対応したSIMとしたワイモバイルのSIMも

 ブースにはこのほかにもSIMロックフリー端末の「Ascend P7」「Media Pad M1 8.0」「TalkBand B1」に加え、ワイモバイルのキャリアモデル「STREAM S」なども展示されていた。

LTE内蔵の8型タブレット「Media Pad M1 8.0」に、ウェアラブル端末「TalkBand B1」も

 冬モデルではシャープや富士通が、ブースの一部で最新モデルを展示。特にシャープはドコモの「AQUOS ZETA SH-01G」に加えて、ソフトバンクから12月発売予定の「AQUOS CRYSTAL X」も動作機を試すことができた。5.5型でほぼフレームレスというデザインに注目である。

超超狭額縁のソフトバンク「AQUOS CRYSTAL X」。12月発売予定のフラグシップ機だ

クアルコムの子会社との共同開発で誕生した「MEMS-IGZO液晶」搭載のタブレットも展示されていた。MEMS液晶はカラーフィルターの代わりに、超微細なシャッターを開閉することでバックライトのLEDの光を透過する。透過率の高さによる省電力性や明るさが最大の特徴だ

 京セラブースでは、au夏モデル「TORQUE G01」のタフネス性能を体験可能。実際にユーザーが手袋を付けたり、水に漬けた状態でも動作することを試せる。

タフネススマホ「TORQUE G01」の体験コーナーが京セラブースに

 ブース内には海外向けモデルも展示されている。中でも「BRIGADIER」(ブリガディア)はTORQUE G01と近いデザインで、北米のVerizon Wireless向けにリリースされている端末。TORQUE G01のディスプレーは旭硝子の「Dragontrail X」なのに対し、BRIGADIERはさらに頑丈な「Sapphire Shield」と名づけられたガラスを採用しているとのことだ。

北米でもリリースされたばかりの「BRIGADIER」が展示。クギでグリグリやっても画面に傷がつかない!


(次ページでは、「iPhoneでおサイフケータイが使えるジャケットなど」)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン