このページの本文へ

AVerMedia「AVT-C039-USF4C」

4000円台の安価なキャプチャーユニットに「ストIV」コラボモデル

2014年10月07日 22時32分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AVerMediaから発売中の4000円台で購入可能できる安価なキャプチャーユニット「AVT-C039」に、カプコンの人気格闘ゲーム「ウルトラストリートファイターIV」とのコラボレーションモデル「AVT-C039-USF4C」が登場した。

安価なキャプチャーユニット「AVT-C039」と、カプコンの人気格闘ゲーム「ウルトラストリートファイターIV」のコラボレーションモデル

 この製品は、2014年3月に発売されたWindows/Mac OS X両対応のUSBゲームキャプチャーユニット「AVT-C039」をベースに、「ウルトラストリートファイターIV」デザインを施したコラボモデル。

 映像入力端子は、S端子とコンポジット端子(RCA)を備え、PS3、PS2、Wii U、Wiiなどの家庭用ゲーム機を接続可能だ。表示遅延も少ないため、PC用ディスプレーをゲーム用ディスプレー代わりに使用することもできる。

 そのほか、インターフェースはUSB 2.0、電源はバスパワー駆動。サイズは28.5(W)×14(D)×82(H)mm、重量約50g。
 価格は4981円(税抜)。ツクモパソコン本店とTSUKUMO eX.で販売中だ。

映像入力端子は、S端子とコンポジット端子(RCA)を備え、PS3、PS2、Wii U、Wiiなどの家庭用ゲーム機を接続可能だ。表示遅延も少ないため、PC用ディスプレーをゲーム用ディスプレー代わりに使用することもできる

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中