このページの本文へ

ロサンゼルスで開催のAdobe MAX 2014で展示

VAIO、新開発のタブレットPC試作機を公開

2014年10月07日 20時30分更新

文● 貝塚/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
VAIOウェブサイトより

 VAIOがタブレットPCの試作機を公開した。10月4〜8日、米ロサンゼルスで開催のAdobe MAX 2014に出展している。主な使用はCore H プロセッサーラインのQuad-Core プロセッサー、Iris Pro(CPU内蔵)、12.3型(2560×1704ドット/Adobe RGBカバー率 95%)、USB 3.0端子x2、HDMI出力端子×1、Mini Display Port×1、ヘッドホン出力(ステレオミニ端子)×1、1000BASE-T対応、SDXCカードスロット×1など。

キーボードとディスプレーが別ユニットになっている

 主にイラストレーターやグラフィックデザイナー、フォトグラファーなどクリエイターに向けられた製品。プロトタイプながら操作できる状態で出展している。「完成してから見せるのでは、遅い。開発段階で公開し、さらにクリエイターと共に研ぎ澄ませて製品にする(VAIOサイトより抜粋)」という理念により、出展を決めたという。

両ユニットを重ねた状態の画像も公開

 VAIOのサイトでは「PCと紙のノートを両方持ち歩いて使い分けている人を見て、何で?と思ったのが始まりでした」など、企画/商品プロデューサーの伊藤好文氏のコメントとともに製品のコンセプトが紹介されている。

 VAIOは、米Adobeが10月4〜8日に米ロサンゼルスで開催するクリエイター向けイベント「Adobe MAX 2014」のスポンサーになっている。

米Adobeが10月4〜8日に米ロサンゼルスで開催するクリエイター向けイベント「Adobe MAX 2014」のサイト
Gold sponsorsの欄にVAIO

 2014年9月17日時点でも、Adobe MAX 2014のサイトでVAIOの項目をクリックすると、「VAIO Corporation (Formerly Sony VAIO Computer Division) will showcase a prototype tablet PC designed by and designed for creative professionals. 」(VAIOはクリエイターによるクリエイターのためのタブレットPCの試作機を展示する予定です)と表示されていた。

「VAIO Corporationwill showcase a prototype tablet PC」とある

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン