このページの本文へ

カナデジ〜吉井香奈恵とデジタルカメラ〜 第1回

オシャレな料理写真に、9nine吉井香奈恵がチャレンジ!

2014年10月15日 17時00分更新

文● 岸田 元 写真●魚住誠一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カメラオリジナル機能でもっとドラマチックに!

 それでは、ここでASCII.jpがセレクトした最新デジカメをかんちゃんに使ってもらいましょう。難しいテクニックや写真の理論はわからなくても、オシャレなお料理写真が撮れるんです!(もちろん、巨匠の熱弁が無駄になったわけではないんですYO!)今回用意したカメラは、カシオ「EX-ZR1300」、ニコン「COOLPIX P340」、ペンタックス「Q-S1」の3機種です。

【その1】高速連写とアートショットブラケティングが売りの「EX-ZR1300」

 まずはカシオのEX-ZR1300。このシリーズは高速連写が売りで、動きのある被写体を撮影するのに向いているコンデジです。さらにこの機種には、1回シャッターを押すだけで5種類のエフェクト処理をした写真が保存されるですよ。これ「アートショット ブラケティング」という機能なんですが、試してみてください。

カシオ EX-ZR1300は、秒間30枚の高速連写ができるハイスピードエクシリムの最上位機種。実売価格は3万7000円前後

背面には3型92万ドットの高精細液晶ディスプレーを搭載、180度まで開くチルト液晶ので、液晶ディスプレーを見ながら快適な自撮りが出きる。モードダイヤルをARTに合わせアートショット ブラケティングを選択すればOK。

吉井 (シャッターを押してみて)あ、すごい音がする。

あっという間に保存された画像がこちら。左から通常撮影、トイカメラ、モノクロ

続いて、宙玉、HDRアート

魚住 シャッターを押してから内部でエフェクト処理をしているね。モノクロとトイカメラとこれは……魚眼風? すごいね、最近のコンデジは。

吉井 同じ構図でまったく違うイメージの写真になるんですね。おもしろ〜い。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン