このページの本文へ

EvernoteはGoogle Waveを作ろうとしているのか?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 現地時間2日、米サンフランシスコでオンラインノートEvernoteのイベント「Evernoteカンファレンス2014」が開催。フィル・リービンCEOが壇上で新機能を披露した。

 米国では11月から使える新機能が、同僚や知人とノートを共有してメッセージのやりとりができる「ワークチャット」。ノートに読んだユーザーのアイコンが付くことで、既読・未読が管理できる。メッセージを送るときは、スマートフォンからはメールのように、パソコンからはチャットソフトのように見えるようデザインした。

 通常のウェブクライアントのデザインも一新した。インターフェースは基本的に隠れていて、ノートに書いた内容に応じて必要なときだけあらわれる。受信トレイによく似ていた以前のデザインに比べ、一枚の紙のようにシンプルなデザインになっている。Evernoteがデザインを大幅にあらためるのはサービス開始以来初めて。

 リービンCEOによれば、デザインを変えた理由はメタファーからの脱却だ。

 卓上をあらわすデスクトップ、書類を受けとる受信トレイ。現在のビジネスソフトのインターフェースはオフィス用品のメタファーになっている。だが「巻き戻し」で何を巻くのか知らない子どもがいるように、スマートフォンとクラウドが当たり前の世代に旧世代のメタファーは意味をなさなくなってしまうというわけだ。

 そこでEvernoteは「ワークスペース」というアイデアを提唱する。ノートを起点としたグループウェアで同僚とコミュニケーションをとることで、未来の働き方を作れるのではないかと。

 Evernoteでは米経済紙ウォールストリートジャーナル、ダウ・ジョーンズ、また米ビジネス誌ファストカンパニーなどメディアと提携。利用者がノートに書いた内容に応じて記事を配信する機能も追加した。配信された記事をクリップし、同僚とコメントをつけ合って共有するような作業も簡単だ。

 ただ、メタファーは確かに古いが、利用者にまだないものを想像させるのは困難を伴う。グーグルが2009年に発表した、まったく新しいコンセプトのコミュニケーションツール「Google Wave」は惜しまれつつもわずか1年で開発中止が発表された。Evernoteの挑戦がどのレベルで成功するかは、1年以内に分かるだろう。


■関連サイト

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中