このページの本文へ

「もぎりの際に光るチケットは本物」などの応用が可能

チケット偽造防止に「応力発光印刷」を! 切る/曲げるでインクが光ります

2014年10月03日 14時24分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
『ミシン目を切ったときの光を確認して真贋判定』などの用途に利用できる 

 大日本印刷は10月2日、切る/曲げる/ひっかくなどの圧力でインクが発光する「応力発光印刷」を開発、世界で始めて実用化したと発表した

 ひずみが生じると光る特殊な分子構造の応力発光体で、圧力がかかっときだけ発光し、元に戻せば消えるという特徴を持つ。エネルギーは光の照射によって蓄積され、明るいところに置いてから暗い場所に移動するとわずかに光る燐光性もある。

応力発光体のしくみ 

 チケットなどに印刷し、半券を切り離した際や折り曲げた際に生じる光は肉眼で見えるので、機械を使用しない偽造防止に利用できるとしている。印刷は耐水性・紙への加工適性を備え、印刷色は無色。印刷コストは通常のインク1色分の約10%増し程度。10月より量産を開始する。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン