このページの本文へ

小さくても豊富な端子と処理性能

ASUS、4K出力可能な正方形のミニPC「ASUS VivoPC VM62N」

2014年10月03日 15時01分更新

文● 花茂未来

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

4K出力が可能な正方形のミニPC「ASUS VivoPC VM62N」

 ASUSは10月2日、4K出力が可能な正方形のミニPC「ASUS VivoPC VM62N」を発表した。

 ASUS VivoPC VM62Nは、約幅190×奥行き190のコンパクトな正方形サイズのPCだ。GPUはGeForce 820Mを採用。映像出力にはHDMI端子×1、DisplayPort×1を搭載し、4K出力に対応する。

 CPUはCore i3-4030U(1.9GHz)、メモリーは16GB、ストレージは2TB HDDという構成だ。OSはWindows 8.1(64bit)。無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0に対応し、ワイヤレスマウスとキーボードが付属する。予想実売価格は9万2407円(税別)で、10月4日に発売予定だ。

本体背面にUSB 3.0×4や映像出力端子を搭載

 今後は、詳細は明らかにされていないものの、低価格な「ASUS VivoPC VM62」や「ASUS VivoPCVM42」も順次発売予定とのこと。

 なお、ASUS VivoPC VM62Nについては、9月19日に“ベアボーン版”を発売している。こちらはストレージやOSを搭載しないモデルとなっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン