このページの本文へ

スピーカーシステム2モデルも発表、パイオニアプラザ銀座で先行展示

ハイレゾ対応のネットワークCDレシーバー「XC-HM82-S」-パイオニア

2014年10月03日 15時02分更新

文● 花茂未來

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ハイレゾ対応のネットワークCDレシーバー「XC-HM82-S」と、スピーカーシステム「S-HM82-LR」を組み合わせた例

 パイオニアは10月2日、DSD形式などのハイレゾ音源に対応したネットワークCDレシーバー「XC-HM82-S」と、スピーカーシステム2モデルを発表した。

 XC-HM82-Sは、DSD、FLAC/AIFF(192 kHz/24 bit)、Apple Losslessなどのハイレゾ音源フォーマットの再生に対応するレシーバー。デジタル用とアナログ用それぞれの電源を搭載し、回路基板も機能ごとに配置するなど徹底したセパレート構造にすることで干渉を抑え、クリアな音質を実現する。

 パワーアンプ部にはハイクラスのオーディオに採用している「Direct Power FET」を搭載。また、左右それぞれのチャンネルには独立したオペアンプも搭載し、ダイナミックで広がりのある音を再現するという。

 ネットワーク機能については、iPhoneやAndroid端末から機の操作が可能な「Pioneer ControlApp」に対応。またiPhoneやiPad、iTunesの音楽をワイヤレスで再生できるAirPlayもサポートしている。家庭内サーバーに保存した音楽を楽しめるようDLNA1.5にも準拠する。

 スピーカーシステムについては、ウーファーにグラスファイバー振動板を採用した「S-HM82-LR」と、コンパクトながらハイレゾ音源の広帯域再生に対応する「S-HM62-LR」をラインアップする。両製品とも2台1組での販売となる。

 いずれの製品とも発売は10月下旬で、価格はオープン。

 なお、10月8日より、パイオニアプラザ銀座にて、製品の先行展示する予定だ。

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中