このページの本文へ

使いやすくなった! 「Windows 10」プレビュー版特集 第3回

何が変わった? Windows 10テクニカルプレビューをインストール

2014年10月03日 12時07分更新

文● 林 佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

PCユーザーが感じたWindows 8での不満点を解消

デスクトップ。左下にはWindowsボタンだけでなく、検索とタスクビューのアイコンを確認できる。検索はBingで即検索するというもので、Windows 8.xのようにWindowsの機能やファイルなどの検索はできない。そういった検索の場合はスタートメニューからになる。なおチャームは健在だが、デスクトップではWin+Cキーで呼び出しになっている

スタートメニューが復活。Windows 8.xのスタート画面のようにライブタイルも格納されている。フリーウェアやシェアウェアで似た環境にできたので、目新しくはないが、スタートメニュー愛用者にはうれしいところか。筆者の場合は、Win+Xキーとスタート画面に慣れてしまったので、なぜか違和感を感じてしまった。常用アプリが少ないのであれば、スタート画面1ページで済んでいたのもあるが。ともあれ、アプリ一覧へのアクセスまでマウスカーソルを動かす距離が短くなったのはとてもいい

シャットダウンや再起動もスタートメニューから行なえる。ここはWindows 7に近く、Windows 8.xのように初見で「どこだ……」と探すことはないだろう。またUEFIブートやリフレッシュなどへの導線は不明瞭になっている状態。このあたりはチャームからの操作が楽だったのだが、バージョンアップを経て追加されていくのだろうか

ストアアプリはウィンドウ表示が可能になった。ウィンドウサイズは変更可能だが、アプリの対応次第な印象。この部分はこれからだろう。またウィンドウから操作メニューの表示も可能になっている。その位置について疑問を持つ人もいると思うが、そろそろタイトルバー部の操作ボタンの配置を選べるようにしてほしい。気になるのはマウス操作で、ストアの場合、マウスホイールは縦スクロールになっており、横スクロール中心のストアのUIにマッチしていない

複数のウィンドウを開いている状態でのアプリ切り替えが楽になっている。スクリーンショットの通り、サムネイル表示の状態になっており、スマホちっくな切替構造ともいえる。またウィンドウのスナップ・整列機能もあり、4つのウィンドウを自動的に並べてくれる機能もある。4分割表示よりはよく使用する配置をカスタマイズできる機能がほしいところ

ウィンドウと仮想デスクトップの切替画面。操作としてはタスクビューである。ALT+Winキーで表示できる。ALT+Tabの場合は、仮想デスクトップの切替は表示されず、ウィンドウのサムネイルのみが表示された

まだ表面だけ変更された状態のようで、基本的なところはWindows 8.xのまま。アイコンがあちこち変化しているのを確認できたくらいだ

→次ページに続く (Windowsエクスペリエンスはまだ存在する?

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン