このページの本文へ

3万円切りの衝撃! Retina級ディスプレー搭載のWindowsタブ

2014年10月03日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Retinaディスプレー級の高解像度ディスプレーを採用する、中国Teclast製の7.9型Windowsタブレット「X89HD WIN8.1」が東映無線ラジオデパート店に入荷している。価格は2万9500円とかなりお手頃だ。

iPad mini Ratina匹敵のハイパフォーマンスを誇る、Windows 8.1 with Bing搭載の中華タブが登場。3万円切りの格安な価格設定
解像度はRatinaディスプレー同等の2048×1536ドット。画面はかなりクッキリで、美麗画面を求めるユーザーも納得だ

 2048×1536ドットの高解像度ディスプレーや独特な外見など、iPad mini Ratinaディスプレーモデルによく似た中華タブレット。OSには“0円Windows”ことWindows 8.1 with Bing(32bit)を搭載し、3万円切りというかなり格安な価格設定になっている。

 プロセッサは“BayTrail-T”ことIntelのクアッドコアCPU「Atom Z3735D 1.33GHz」(最大1.83GHz)、メモリーはDDR3L 2GB、ストレージ32GBを実装。安価な販売価格に比べ、なかなかのハイスペック構成にまとまっている。

 なお、OSは中文版Windowsが搭載されているが、ショップによれば「日本語言語パックが標準でインストールされているマルチランゲージ版(中文ベース)の可能性がある」とのこと。きわめてシンプルに日本語化できる可能性があるが、ロットによって仕様が異なる可能性があるため、この点は保証なし(ショップ)となる。

シルバーのボディーもiPad miniっぽさを強調。なお、インターフェースはイヤホンジャック、microUSB、microSDカードスロットとシンプルな構成だ

 そのほか、フロント200万画素、リア500万画素のカメラ、GPS機能を搭載。ネットワークはBluetooth 4.0、無線LANに対応している。厚み7.4mm、重さ344gという薄型・軽量デザインも特徴で、使い勝手、コストパフォーマンスともに注目の1台になりそうだ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン