このページの本文へ

iPhone/Android用も! 「Office Premium」「Office 365 Solo」が17日発売

2014年10月01日 18時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本マイクロソフトは、日本市場に向けた独自ライセンスの新オフィス「Office Premium プラス Office 365 サービス」(以下、Office Premium)、「Office 365 Solo」を発表した。10月17日より発売される。

 発表会では、Microsoft サトヤ・ナデラ(Satya Nadella)CEO、日本マイクロソフト 樋口泰行社長が登壇。Office Premium、Office 365 Soloを紹介するとともに、「日本での学習効果を世界に及ぼしたい」「Officeをあらゆるデバイス、あらゆる人々に展開したい」としていた。

Microsoft サトヤ・ナデラ(Satya Nadella)CEO日本マイクロソフト 樋口泰行 代表執行役 社長

Office Premium プラス Office 365 サービス

 Office Premium プラス Office 365 サービスは、各社PCおよび「Surface Pro 3」に対してプリンストール形態のみで提供され、永続的に無償で最新版Officeにアップデート可能。例えば、将来的に"Office 2020"のようなバージョンが登場した場合、無償アップグレードできる。一方で、自分の利用環境に合わせて何年もOffice 2013のままで使い続けるといったことは難しく、一定期間内に新バージョンに更新する必要があるとしている。

 なお、エディションとしては「Office Personal Premium プラス Office 365 サービス」「Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス」「Office Professional Premium プラス Office 365 サービス」が用意されている。

「Office Premium プラス Office 365 サービス」各エディションの内容
Office Personal Premium プラス Office 365 サービス Word、Excel、Outlook
Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote
Office Professional Premium プラス Office 365 サービス Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Access、Publisher

 また、Office 365サービスとして1年間有効な専用ライセンスが用意されており、オンラインストレージ「OneDrive」(容量1TB)、マルチデバイス対応(iPhone/Android用Office Mobile、今年中にiPad用も提供)、Skype 月間60分無料通話(公衆回線向け)、無償サポート「アンサーデスク」が提供される。さらに、iPhone/Android/iPad用Office Mobileは商用利用可能で、iPhone/Androidは台数無制限、iPadは2台まで導入できる。

日本マイクロソフト Office ビジネス部 エグゼクティブ プロダクトマネージャ 松田誠氏が、日本語に対応したiPad用Office Mobileのデモを行なった

 Skypeについては、日本における対象は固定電話のみとなっており、通話できる回線および国の詳細はhttp://office.com/informationに掲載されている。

 Office 365サービスを2年目以降も継続利用したい場合は、「Office 365サービス(Office Premium搭載パソコン専用)」を参考価格5800円(税別)を購入する必要がある。

Office 365 Solo

 Office 365 Soloは、1年ライセンスのサブスクリプションサービスとして提供。参考価格は1万1800円(税別)だ。合計2台のPCまたはMacにインストール可能な最新版Officeデスクトップアプリケーション、Office 365サービスをセットにしたものとなっている。

 利用できるOfficeアプリは、PCについては「Office Professional」に含まれる全ソフト、Macについては「Office for Mac Home & Business」に含まれるWord/Excel/PowerPoint/Outlook。利用可能なOffice 365サービスについては、Office Premiumと同内容。こちらもiPhone/Android/iPad用Office Mobileが商用利用でき、台数制限などもOffice Premiumと同じだ。

 Officeデスクトップアプリケーションについては、契約期間中であれば最新版に無償アップデートできる。3台以上のPCまたはMacにインストールしたいという場合、対象台数を増やすことができないため、2台ごとにMicrosoft アカウントを用意して購入するか、Office 365 Solo以外のプランを利用する必要がある。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン