このページの本文へ

適用するとiPhone 6/6 Plusが圏外になるなどの報告

iOS8.0.1公開も、一時提供中止

2014年09月25日 13時25分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは9月25日にバグ修正などを含めたアップデート「iOS8.0.1」を公開した。しかし、iPhone 6に適用した場合、複数の不具合が出ることが報告され、その後公開を中止したことが明らかになった。国内外の複数メディアが報じている。

 報告されたのは主に、iPhone 6/6 Plusが圏外状態になってしまう問題と、Touch IDが認識されない不具合の2つ。

 なお、公開を中止したiOS8.0.1のアップデートでは、iOS8の新機能「ヘルスケア」の開発者ツール「HealthKit」や「Safari」などの修正が行われる予定だった。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中