このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

深厚のWindows使いこなしテクニック ― 第8回

Win8.1でスタートボタンの復活とチャームの無効化を試みる!

2014年09月23日 12時00分更新

文● タトラエディット

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

フリーソフトを導入せず
レジストリ設定でチャームを無効化する

 アプリを入れずにチャームバーを無効化することも可能。ただし、レジストリを操作する形になるので間違えると最悪Windowsのシステムに不具合が起こる可能性があり、試す場合は自己責任となる。

[スタート]ボタンから「ファイル名を指定して実行」を起動し、「regedit」と入力。[OK]ボタンを押す
[スタート]ボタンから「ファイル名を指定して実行」を起動し、「regedit」と入力。[OK]ボタンを押す
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\ImmersiveShell\EdgeUiを開く
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\ImmersiveShell\EdgeUiを開く
フォルダーの何もないところで右クリックし、[新規]-[DWORD(32ビット)]を選択する フォルダーの何もないところで右クリックし、[新規]-[DWORD(32ビット)]を選択する
値名を「新しい値#1」から「DisableCharmsHint」に変更する
値名を「新しい値#1」から「DisableCharmsHint」に変更する
「DisableCharmsHint」をダブルクリックし、値のデータを「1」に変更。[OK]をクリック
「DisableCharmsHint」をダブルクリックし、値のデータを「1」に変更。[OK]をクリック
変更後、チャームバーが表示されなくなった(画面左)。チャームを開くときは[Win]+[C]キーを押す 変更後、チャームバーが表示されなくなった(画面左)。チャームを開くときは[Win]+[C]キーを押す

 チャームバーはWindowsのシステムショートカットキー[Win]+[C]キーで呼び出すことができる。

 以上、デスクトップをメインで利用する際に快適化する設定について解説した。

 次期「Windows 9」では、デスクトップにスタート画面が取り込まれ、さらにストアアプリもデスクトップ上で開けるようになる予定。タッチパネルのないノートやデスクトップ派にとっては、さらに使いやすくなるのではと期待している。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン