このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 第100回

最強夏スマホ決定! HTC&isai FL&TORQUEのスタミナ測定

2014年09月22日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 au最強スマホを決める「HTC J butterfly」「isai FL」「TORQUE」の比較。最終回のスタミナテストでも判断を迷う結果に。独自機能もチェックしつつau最強スマホを決める!

au「HTC J butterfly HTL23」

au「isai FL LGL24」

au「TORQUE G01」

接戦が続く3機種
1勝が2機種、引き分け1回

 これまで3回にわたって、au夏スマホの特徴的な機種、「HTC J butterfly HTL23」「isai FL LGL24」「TORQUE G01」の比較を行なってきた。主なスペック、機能は以下の通りだ。

  au
「HTC J butterfly
HTL23」
au
「isai FL
LGL24」
au
「TORQUE G01」
メーカー HTC LG Electronics 京セラ
本体サイズ 約70×145×10.0mm 約76×145×10.5mm 約68×136×13.5mm
重量 約156g 約154g 約182g
画面サイズ 5型 5.5型 4.5型
画面解像度 1080×1920ドット 1440×2560ドット 720×1280ドット
OS Android 4.4.2 Android 4.4.2 Android 4.4.2
CPU クアッドコア 2.5GHz クアッドコア 2.5GHz クアッドコア 1.4GHz
ROM/RAM 32GB/2GB 32GB/2GB 16GB/2GB
メモリーカード microSDXC(128GB) microSDXC(128GB) microSDXC(128GB)
下り最大通信速度 150Mbps
(4G LTE)
150Mbps
(4G LTE)
150Mbps
(4G LTE)
LTE対応周波数 2.5GHz(WiMAX 2+)
/2GHz/1.5GHz
/800MHz
2.5GHz(WiMAX 2+)
/2GHz/800MHz
2GHz/800MHz
キャリアアグリゲーション ×
VoLTE × × ×
無線LAN 2.4/5GHz対応 2.4/5GHz対応 2.4/5GHz対応
テザリング ○(最大8台) ○(最大8台) ○(最大10台)
カメラ画素数 1300万画素CMOS
(裏面照射型)
1320万画素CMOS
(裏面照射型)
800万画素CMOS
(裏面照射型)
インカメラ 500万画素CMOS
(裏面照射型)
130万画素CMOS
(裏面照射型)
200万画素CMOS
(裏面照射型)
防水/防塵 ○/○ ○/○ ○/○
ワンセグ連続視聴 6時間10分 5時間 ×
フルセグ連続視聴 4時間10分 4時間30分 ×
FeliCa
赤外線通信 ×
NFC
Bluetooth 4.0 4.0 4.0
MHL(HDMI) × ×
Miracast ×
SIM形状 nanoSIM nanoSIM nanoSIM
バッテリー容量 2700mAh 3000mAh 3100mAh
Qi × ×
カラバリ ルージュ、キャンバス、インディゴ ホワイト、ブルー、ピンク レッド、ブラック

 まず最初にスペックと料金を比較したが、isai FLが料金を決め手として有利と判断、スピードチェックでは混戦模様で3機種引き分けに、カメラ比較でHTC J butterflyがリードと判断した。

 3機種とも決め手が無く、今回のスタミナチェックで勝利機種が決まる。バッテリー容量の大きさ、画面サイズの小ささでTORQUEが有利かと思ったのだが、そう簡単な結果にはならなかった。

YouTubeの再生テストでは
TORQUEが勝つ!

 最初はYouTubeの2時間連続再生テスト。4G(LTE)エリアで行ない、Wi-Fiはオフだ。音量を中くらいに、画面の明るさは自動調整、GPSを有効にし、Bluetoothはオフにした。他の設定は初期設定のままだが、Googleアカウントは同じものでサインインしている。

 バッテリーの消費経過は「Battery Mix」でチェックし、その結果が以下の通り。

  HTC J butterfly isai FL TORQUE
2時間視聴後の
バッテリー残量
71% 66% 74%

 ここでTORQUEが勝利した。HTC J butterflyが2位だ。この2機種のバッテリー残量はこれまでのスマホと比較しても、標準的という印象だ。

 しかしisai FLの結果はいまひとつ。結果だけを見ると画面解像度やサイズのせいかと思うのだが、テストしている時に気付いたのは、本機種だけ(自動設定でも)画面が明るめな点。また突然YouTubeの再生がストップし(すぐに手動で再生したが)、動作が安定していなかったように思う。

カメラ、Kindle、GPSの連続使用で
HTC J butterflyが勝つ

 続いては複数の機能を使うテスト。最初に静止画50枚を撮影し、間をあけずに動画を10分撮影、さらにKindleをインストールして電子コミックを1冊読み終え、外出してGPSを使ったGoogleマップのナビを30分行なう。

 設定は同じだが、Wi-Fiのみ有効にしている。

  HTC J butterfly isai FL TORQUE
カメラ撮影後 94% 100% 92%
電子書籍1冊 89% 92% 91%
マップ30分 84% 78% 83%

 ここではHTC J butterflyの勝利だ。最初こそisaiに負けていたが、毎回の電池消費が抑えめで最終的にはトップとなった。

 2位はTORQUE。カメラとマップで電池消費が大きく、どちらかほんの少し抑えられればHTCと逆転もありそうだったが……。もっとも歴代機種として比べれば十分な結果だ。

 3位はまたもisai FLだが、表の通り、カメラや電子コミックまではよかったが、マップで一気に減ってしまった。というのも、マップのテスト中に突然再起動して不安定に。動作が安定していれば結果は違ったものになったかもしれない。

動作安定のisai FLがトップ
3機種とも悪くない結果に

 ここまでやや動作が不安定なisai FLのため、もう一度テストを加えた。今度はマップのGPSナビのみを外出して60分使い続ける。このテストではisai FLの動作に問題は無かったので、恐らく実力を発揮できているはずだ。

  HTC J butterfly isai FL TORQUE
マップGPS60分 85% 86% 81%

 ここではついにisai FLがトップとなった。もっとも1%の差でHTC J butterflyが次いでいる。スタミナがすごく優れているわけではないが、テストによっては互角にはなりそうだ。TORQUEは3位だが、これも大きく引き離されているわけではない。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン