このページの本文へ

GPS情報とアプリケーションを活用して情報を表示可能

ソニー、スマホ連動でテキストや画像を表示する透過性メガネ「SmartEyeglass」を開発

2014年09月19日 16時00分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Androidスマートフォンと連携してテキストや画像などを視界に重ねて表示する透過式メガネ端末「SmartEyeglass」

 ソニーは9月19日、Androidスマートフォンと連携してテキストや画像などを視界に重ねて表示する、透過式メガネ端末「SmartEyeglass」を開発したと発表した。

使用イメージ

 SmartEyeglassは、スマートフォンと無線接続し、緑単色でテキストや画像をレンズに表示できるメガネ端末だ。CMOSイメージセンサーや加速度センサー、ジャイロスコープ、電子コンパス、照度センサー、マイクなどを搭載。スマートフォンのGPS情報とアプリケーションを活用して、歩行中のナビゲーションや料理のレシピ、スポーツ観戦中の選手の関連情報などユーザーの状況に応じた情報が表示できるという。

 同社独自のホログラム光学技術により、85%の透過性を持つ厚さ約3.0mmのレンズを実現したとしている。レンズの輝度は最大1000cd/m2で、静止画が約300万画素、動画が約31万画素のカメラを内蔵する。通信規格は、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth 3.0に対応。スマートフォンの対応OSはAndroid 4.1以上となっている。

コントローラーで操作する。動画像が撮影できるカメラも内蔵

 また19日より、ソニーのアプリケーション開発支援サイト「Sony Developer World」にて、SmartEyeglassのソフトウェア開発キットの販売を開始。一般ユーザーを対象とする商品化に向けた開発を加速していくという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン