このページの本文へ

「iPhone 6」&「iOS 8」全力徹底特集! 第26回

どこが変わった?

iOS 8とiOS 7、比較スクリーンショット集

2014年09月18日 20時00分更新

文● 貝塚/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月18日の午前2時より配布の始まった「iOS 8.0」。iOS 7と比べてどこが変わったのか、スクリーンショットを中心に、主な変更点をざっくりと見ていこう。

大きなデザイン変更はなし
細かな点の変更が目立つ

 スクリーンショットは左がiOS 7、右がiOS 8となっている。

ホーム。どこも変わっていないように見えるが、「時計」アイコンのデザインが変更されている

「コントロールセンター」はデザイン変更のみ

「通知センター」は「すべて」「未確認」が「通知」に1本化

マルチタスク時、履歴が上に表示される仕様に

プリインストールアプリは変更多し
写真の編集機能はiPhotoに近くなった

「マップ」。下部の項目数が減った

代わりに「i」をタップすると出てくるメニューが増えた

「写真」の編集機能が大幅に強化され、コントラストや色かぶりの調整もできるように。できることは、OS Xの「iPhoto」に近い

試しに明るくして、コントラストを強めてみた

「天気」のソースは「Yahoo! 天気」から「The Weather News」に変更

「メッセージ」で音声メッセージを送れるように

「メール」はスワイプして出てくるメニューが変わった

「Siri」の声が変わった気がしたので、問いかけてみたところ

 なお、試用レビューおよび新アプリ「ヘルスケア」「ヘルプ」については、こちらの記事で解説しているので合わせて確認してほしい。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中