このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

業界人の《ことば》から第109回

人間の手首は2つだけ、顔にかけるメガネはひとつ、そこを押さえることができるか

Apple Watchが話題、一方ソニーはウェアラブルを不動産にたとえる

2014年09月17日 09時00分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

メガネメーカーがスマホを作るなら、どうかなと思うでしょ?

 そして、こんな風にも語る。

 「ソニーがメガネに対して、どこまでファッション性を実現できるのか。この部分では、外部のメガネメーカーとのコラボレーションをする方が適切だろう。メガネメーカーがスマホをつくるといっても『どうかな?』と思うのと一緒で、スマホメーカーがメガネを作るといってもやはり難しい」と笑う。

 さらに、「いまのウェアラブルは男性視点でつくられたものが多い。人口の半分は女性であるのに対して、女性を考えたデザインが考えられていない。そこにも取り組まないと、ウェアラブルは普及しない」とする。

ウェアラブルの世界で勝ち抜くには、これまで以上にオープンマインドを持たないといけない

 「ファッション的な観点が必要ならば、そのセンスに長けた会社とのコラボレーションを行う。ウェアラブルの世界で勝ち抜くには、これまで以上にオープンマインドを持たないといけない」と平井社長。ウェアラブル戦略は、これまでのソニーの手の打ち方とは違ってくるようだ。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ