このページの本文へ

ドワンゴ代表取締役の川上量氏との対談イベントも開催

宮本茂初の映像作品「ピクミン ショートムービー」が東京国際映画祭で上映

2014年09月11日 21時52分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
第27回東京国際映画祭にて、「スーパーマリオ」の生みの親の宮本茂氏が手掛ける初の映像作品「ピクミン ショートムービー」の3D上映が決定

 10月23日から10月31日まで開催される「第27回東京国際映画祭」にて、任天堂専務取締役の宮本茂氏が初めて手掛けた映像作品「ピクミン ショートムービー」の、3D上映が決定した。宮本茂氏は、「スーパーマリオ」や「ドンキーコング」、「ゼルダの伝説」などゲーム史に残る傑作を生み出したゲームプロデューサー。2007年には米TIME誌が「TIME 100」(世界で最も影響力がある100人)に選出した。

 今回上映する作品は、2001年に任天堂が1作目を発売し、現在3作目まで発売しているゲーム「ピクミン」が題材。宮本茂氏が、ゲームで描き切れないキャラクターの研究として始めたプロジェクトの成果を、短編アニメーションにした作品だという。

 10月25日にはドワンゴ代表取締役で、スタジオジブリのプロデューサー見習いでもある川上量氏との対談イベントも開催。イベントは作品上映後に実施予定だ。

 なお、本作は無料上映で事前抽選への応募が必要となっている。

宮本茂

  • ゲームプロデューサー/任天堂 専務取締役
  • 1952年 京都府生まれ。
  • 1977年4月に金沢美術工芸大学デザイン専攻を卒業し、任天堂入社。専務取締役情報開発本部長(2014年9月時点)。

作品紹介

  • 「ドンキーコング」シリーズ
  • 「スーパーマリオ」シリーズ
  • 「スターフォックス」シリーズ
  • 「F-ZERO」シリーズ
  • 「ピクミン」シリーズ
  • 「nintendogs」
  • 「Wii Sports」
  • 「Wii Fit」
  • 「Wii Music」
  • 「MOTHER」(糸井重里氏と共同プロデュース)
  • 「星のカービー」(プロデュースのみ)
  • 「ポケットモンスター赤・緑」(プロデュースのみ)
  • 他多数

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ