このページの本文へ

最大18コア、“Haswell-EP”世代のXeon E5-2600 v3が登場!第4回

2way/2Uサイズのミッドレンジ機「PRIMERGY RX2540 M1」

富士通、最新Xeon E5 v3搭載の「PRIMERGY」サーバー発表

2014年09月10日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通は9月9日、インテルが同日発表した「Xeon E5-2600 v3」プロセッサー(関連記事)を搭載した2wayミッドレンジサーバー「FUJITSU Server PRIMERGY RX2540 M1」の販売を開始した。

富士通が発売した2wayラックサーバー「PRIMERGY RX2540 M1」

 PRIMERGY RX2540 M1は、2way/2Uサイズのラックサーバー。4コア~18コアと幅広いラインアップをそろえる最新Xeonを採用し、顧客のニーズに応じたCPUを選択できる。低消費電力版の「Xeon E5-2630Lv3」「同 2650Lv3」も選択可能。

 また、従来機種のネットワークアダプタは1000BASE-T×2で固定されていたが、今回のサーバーでは4種類(1000BASE-T×2、1000BASE-T×4、10GBASE-T×2、10GBASE×2)から選択できるようになっている。

 PRIMERGY RX2540 M1の最小構成(6コア/1.60GHzのXeon E5-2603 v3×1、8GB R-DIMM×1)における希望小売価格(税込)は、62万1000円。提供開始は9月下旬より。

 なお富士通では今後、現在提供しているブレードサーバーやマルチノードサーバーに関しても、Xeon E5-2600 v3を搭載して、2014年第3四半期から販売予定だと述べている。

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ