このページの本文へ

秋の風景を撮るのに適したデジカメはコレだ! 第2回

料理を撮るなら……コンデジ or 一眼+マクロレンズ!?

2014年09月10日 17時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ISO 12800まで撮れるので暗い室内でも安心
ニコン「COOLPIX P340」

平面で構成されたソリッドな雰囲気に高級感がある「COOLPIX P340」

平面で構成されたソリッドな雰囲気に高級感がある「COOLPIX P340」

 2014年2月に発売された最新機種で、価格は2万円代中盤。コンデジの中では高級機に入るモデルで、初心者よりも少しカメラに興味のある人向けになっている。撮像素子は1/1.7型とコンデジとしてはかなり大きなサイズのセンサーを採用する。

背面モニターは3型(約92万画素)。背面側にも十字キーを兼ねたダイヤルがあり、マニュアル的な操作がしやすい

背面モニターは3型(約92万画素)。背面側にも十字キーを兼ねたダイヤルがあり、マニュアル的な操作がしやすい

上面は大きめなモードダイヤルが目立つものの、シンプルな構成だ

上面は大きめなモードダイヤルが目立つものの、シンプルな構成だ

 有効画素数は約1219万画素。光学5倍ズームレンズは35mm判換算で約24mmから120mmまでをカバーする。広角側での開放F値はF1.8と明るく、最短撮影距離は広角側でレンズ前2cm、望遠側では50cmとなる。

 レンズの付け根にあるリングが回転する機構を持っており、リングを回すことで露出補正やズーム操作などが可能。無線LANを内蔵し、スマートフォンやタブレット端末を利用してリモート撮影や転送が行なえる。本体サイズは幅103×奥行32×高さ58.3mmで、メディアとバッテリー込みで質量は約194g

感度別撮影サンプル

ISO 80

ISO 80

ISO 100

ISO 100

ISO 200

ISO 200

ISO 400

ISO 400

ISO 800

ISO 800

ISO 1600

ISO 1600

ISO 3200

ISO 3200

ISO 6400

ISO 6400

ISO 12800

ISO 12800

 感度設定はISO 12800まで可能。コンデジでここまで撮影可能なのは珍しい。感度を上げてもなかなか良好で、ノイズはISO 800くらいから出はじめているが、目立つのはISO 3200を越えてから。偽色は目立たず、ディテールに影響が出るのがISO 12800からということで、かなりいい感じだ。

(次ページに続く、「ソニー サイバーショット DSC-WX350」)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン