このページの本文へ

車両はオリジナルを製作、旧小坂鉄道廃線を走行する予定

パナソニック、単1乾電池で旧小坂鉄道線を有人電車走行

2014年09月08日 17時29分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
エボルタチャレンジ(車両イメージ)

 パナソニックは9月8日、乾電池EVOLTAの長持ち・パワー実証実験として、単1電池を使って電車の有人車両を走行させる「エボルタチャレンジ」の実施を発表した。

 電車はオリジナルで、幅160×高さ220×長さ410cm、1両編成。車体は特殊強化ダンボールで軽量化を図るが、車重(約500kg)および定員(10名)を合わせると約1tとなる。

「エボルタ鉄道」ロゴマーク

 チャレンジは秋田県大館市にある旧小坂鉄道廃線を用い、11月2日(予備日11月3日)に約8km走行する予定。

乾電池エボルタはこの8月末には累生産個数14億個を突破した

 チャレンジは秋田県およびと同県大館市の全面協力のほか、車両製作には同社と秋田県立大学などと共同で行う。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン