このページの本文へ

大人をつれてワークショップに行こう

世界で最も売れたゲームとコルグのイベントに子供も大興奮!

2014年09月06日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ワークショップにはAngry Birdsの音楽の先生も!

 8月31日。夏休みの終わりの日に、東京の麹町(こうじまち)というところにある、KDDI Web Communicationsという場所に、Angry Birdsファンのキッズとお父さんお母さんのみなさんが集まったんだ。

 ワークショップのさんかひはむりょう。つまり、タダでリトルビッツにさわれるチャンスってわけさ。おかしもジュースも用意されていて、いたれりつくせりのイベントだったよ。

 コルグとAngry Birdsのコラボきかく、ってわけだね。

 そういえばリトルビッツシンセキットも、コラボでできたんだよ。

 日本の楽器(がっき)メーカーのコルグが、リトルビッツを作っているアメリカのベンチャーきぎょう、littleBits(リトルビッツ)社に「いっしょになんかやらない?」って言ったら、シンセキットができちゃったんだ(くわしくはコチラを見てね)

 このワークショップの先生は、シンセキットをきかくした、コルグの坂巻(さかまき)さんだったよ。みんなにいろいろせつめいして、シンセの使い方を教えていたよ。そして、Angry Birdsの音楽を作っている、イルマリさんも来ていたよ。

左がシンセキットをしかけた、さかまきただひこ(坂巻匡彦)さんだよ。右がフィンランドからやってきたイルマリ・ハッコラ(Ilmari Hakkola)さんだよ

イルマリさんはシンセキットを使ったデモえんそうもひろうしたよ。音楽家だから、シンセキットを見事に使いこなして、かっこよかったよ

もうすぐ発売の「MIDIモジュール」もいち早く!

 Angry Birdsのメインテーマはすごく有名なんだ。海外のミュージシャンもいろいろカバーしているよ。ここではおじさんのだいすきな、アメリカのポムプラムース(pomplamoose)のバージョンをしょうかいするよ。

 でもリトルビッツで、こんなメロディをひくのはたいへんだよね。シーケンサーも4ステップしかないし、キーボードも小さいし。

 そこでリトルビッツのメロディーをえんそうするために、このワークショップではミディ(MIDI)しんごうを使ったんだ。

 おっと、いきなりミディって言っても、まだ何だかわからないよね。かんたんに言うと、シンセサイザーを動かすためのしんごうを、デジタルでやりとりするものなんだ。パソコンとか、スマートフォンとか、いろんなもので、シンセを動かせるよ。

 でも、リトルビッツはアナログだよね? だから、デジタルのミディしんごうは、ふつうだったら使えないんだ。

 そこでとうじょうするのが、もうすぐはつばいされるリトルビッツ「MIDIモジュール」なんだ。パソコンとUSBでつないで、パソコンから出るデジタルのミディしんごうを、リトルビッツがうごくアナログしんごうにかえるんだ。

 あらかじめパソコンにおんぷのデータを入れておけば、人がひかなくてもずーっと鳴ってるよ。

これがうわさのMIDIモジュールだよ。これが出ると、リトルビッツでいろんなことができるようになるよ

MIDIモジュールにオシレーターをつないだだけの、いちばんたんじゅんな回路だよ

おんぷのシーケンサーにはMAXを使っていたよ。MAXは音をそうさするための、かっこいいプログラミングツールなんだ

(次ページでは、「ワークショップに行こう!」

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中